間接照明を生かして | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:

マンションリフォーム時にどうしても動かせない、コンクリートの柱や壁。


部屋の中ではかなりの存在感になってしまいますが、それをうまく利用して照明をいれることで、奥行感のあるやわらかい灯りを演出することができます。





BEFORE





和室だったベッドルーム。


突き当りの壁の上に梁が見えます。







スマイル リフォーム ☆ なごみ通信
スマイル リフォーム ☆ なごみ通信






AFTER




スマイル リフォーム ☆ なごみ通信



梁の部分を覆うように下がり壁を造作して間接照明を入れました。


エアコンの取り付け下地も兼ねています。

アクセントタイルとしてリクシルのエコカラットを貼りました。


こちらの部屋は寝室になるので、お休みの間の人の呼気の湿気やにおいも吸収できる機能性も兼ね備えています。間接照明の光があたるとタイルの陰影も出て、より心地よい雰囲気になりますね。

ベッドもパラマウントベッドで横になったまま上体を起こせるもの。

窓の外の海をのんびりと眺めることもできます。










BEFORE





リビングの大きな梁型。


どうしても四角く冷たい印象になってしまいます。




スマイル リフォーム ☆ なごみ通信





AFTER







スマイル リフォーム ☆ なごみ通信








梁型部分に間接照明を入れると、天井にも光がまわり、お部屋に広がりがでます。


夜は間接照明の光だけで過ごされてもよりリラックスして、光の演出を楽しめますね。

なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ