♪明るい子供部屋を増築 | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:

新学期、新学年がはじまりましたね。

お子さんが成長し、進学していくと家族の関わり方も変わり、ライフスタイルを見直すきっかけになります。


今日ご紹介するお客様も小学2年生になるお兄ちゃん、保育園の妹さんと弟くんのお子さん3人、ご夫婦と奥様のお母様の大人3人の6人家族。


決して狭いリビングではなかったけれど、お子さんの勉強机をリビングに置くようになり、食事の後など6人で過ごすとなるとやはり少し窮屈に感じました。


BEFORE


Smile ☆Reform  なごみ通信

右側にある掃出し窓のところから延長して子供部屋を増築しました。


提案したイメージパース
Smile ☆Reform  なごみ通信 Smile ☆Reform  なごみ通信





AFTER

勾配天井にしてできるだけ天井高さをとれるようにしました。

構造上の梁も登り梁にして表しで見せました。6帖程度のお部屋ですが、とても広く感じます。

お子さんが小さいうちは、リビングの近くでお母さんの目の届くところで勉強したり、遊んだりできると安心ですね。



Smile ☆Reform  なごみ通信


大きなテラス窓も設けました。収納もたっぷり。

Smile ☆Reform  なごみ通信


ロッカーを3つに分けたのは、お子さんそれぞれ荷物を整理できるようにするため。

可動棚の下にパイプハンガーもつけたので、洋服もかけられます。

手の届く範囲に移動もらくらく☆


Smile ☆Reform  なごみ通信

Smile ☆Reform  なごみ通信


ロッカーの右側の四角い小窓は隣のリビングの様子が見えるようにするため。

お子さん達はこの窓を利用していてお店やさんごっこをして遊ぶんですって。

ほほえましいですね。


写真にうつっている小さなチェアや線路のおもちゃは、撮影用に並べたのでなく、使われていたそのままの状態だけど楽しく使ってもらっている様子が伝わってきました。

お子さんがこちらの部屋で遊ぶようになったので、お母さんやお父さんがお子さんをしかる回数も減ったし、子供たちのケンカも少なくなったそうですよ。


たくさん楽しい思い出をつくってほしいな~。


なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス