♪出窓スペースにテレビボードを造作 | 「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「暮らしを楽しむ」女性目線のリフォーム なごみ工房

「女性目線でこだわりリフォーム」  
お片付けしやすい「動線」と「収納」で暮らしが楽しくなる
住まいづくりをしませんか?


テーマ:

地デジ化でテレビを買い替える時は、思い切って大型テレビにする方が増えています。

問題なのはその置き場所。

ブラウン管テレビの時は、部屋のコーナーに置くのが前提なので、配線も含めどうしても中途半端になってしまいます。


BEFORE


出窓の手前に大型テレビが置かれていました。

部屋が狭く感じてしまいます。


Smile Reform ☆ Smile Reform ☆

もともと窓がとても多いお宅だったので、出窓部分にテレビボードを家具工事で造作しました。


Smile Reform ☆


一部分だけ窓を残しました。開閉はできませんが、光が入ります。

この窓の大きさをどれくらいにするか、何度も打ち合わせしました。

AFTER


Smile Reform ☆


写真だとわかりづらいですがもとカーテンボックスに照明を入れて間接照明に。

夜は良い雰囲気になります。


Smile Reform ☆

もともとカレンダーやコンセントがあった壁は、柱に見立てて、お部屋のアクセントになるよう、      レンガ調のINAXのエコカラットタイル を貼りました。

http://ecocarat.jp/series/lineup/brick.html


明かり取りの窓のところは電話台になっています。

配線は家具の中に出してあるのですっきり!

壁付けの照明をつけたことで、レストランみたいな雰囲気になったと喜んでいただきました☆

Smile Reform ☆

最近はこうしたクラシック調のインテリアにする方は少なくなっていますが、もともと気に入っていた折り上げ天井やアーチ型のドアとはとてもよく合います。


こちらの家具も工事が終わってからお客様が探してこられたもの。

お気に入りのカップ&ソーサーが並んでいます。


Smile Reform ☆

リフォームが終わってたくさんのお友達がお茶をしに来られたそうです。

楽しんで住まわれている様子を聞けるのはとてもうれしいものです。

なごみ工房~リフォームプランナー 栗山映子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス