咲 - Saki - #8話 「前夜」 | なになに関連記 ~なに、から、波ダッシュ

咲 - Saki - #8話 「前夜」

「咲 - Saki -」の第8話です。


県予選決勝前夜。大会に初出場となる清澄麻雀部は電車で夜遅くに帰ってきました。この大会への想いは麻雀部のみんながそれぞれ持っていますが、他の決勝進出校にもあって今回はそれが描かれていました。


駅前の屋台ラーメンでラーメンを食べる清澄麻雀部。和はラーメンが初めてらしいのです。で、その後はカエルの鳴き声だけで食べれるカエルを見つけた優希。って、ラーメン食べたばかり・・・。


ここからは和と優希の中学制服と出会いのエピソード。和が転校してきた中学校にいたのが優希。ネット麻雀ばかりだった和も優希と出会ってからリアルで麻雀を打つようになったのだとか。そして、麻雀仲間も沢山出来て、大会に出たけれども団体戦は負けてしまったことがあったらしいのです。


一方で風越。美穂子は部員想いです。部室の掃除をしたり、洗濯をしたり・・・、池田の頭を洗ってあげたり・・・。少しでも部員に牌を触ってほしいからだとか・・・。今年の大会が最後となる美穂子にとって、風越も気合が入っています。で、牌譜を見ようとしてパソコンを故障させてしまった美穂子さん。こんな一面がまた良いですね。でも、池田の猫耳は本当にどこから飛び出てくるのでしょう・・・。


いつしか手をつなぐまでに仲良くなった咲と和。各校とも気合十分。いよいよ決勝戦!!


そういえば、エンディングが元に戻っていました。前回のエンディングは特別版だったみたいですね。






Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]