ドゥランゴ、ぶらぶら | 自転車で大陸を越えるブログ

自転車で大陸を越えるブログ

学生のとき自転車で日本縦断、オーストラリア横断。一旦は就職したものの、会社を辞めて北米縦断。次に目指すは中南米縦断。このブログを通じて自転車で海外を旅する楽しさが、なるべく多くの人々に伝わればイイなぁ…と思っています。


テーマ:

ドゥランゴは街歩きが本当に面白い街だった。精気に満ちた街の匂いや、雑踏のざわめきを、そのまま伝えることはできないけども、写真だけでもディープなラテンワールドを感じて頂けるとうれしいなぁ、と思います。





歩道の片側がタコスの屋台街になっている。福岡の長浜の屋台街みたい。このエリアのタコスは安くてウマイ。店によって具が微妙に違っていたりする。牛肉をクタクタに煮た物や、ホルモンをいためた物、レバーを焼いたもの、正体不明の物、etc。タコス屋を食べ歩くだけでも面白い。





市場は街の台所なので、その街の人たちが何を食べているのかがすぐに分かる。唐辛子だけでも何種類もあったりして面白い。アメリカ・カナダでの外食はジャンクフードの食べ放題(ケンチキ、ピザハット、etc)ばかりになってしまっていたので、なんだか少しグッタリしていた。なので、基本的にどんな料理にもフレッシュな野菜がタップリ入っているメキシコ料理は、内臓を洗われるように美味しく感じる。サイクリストは、胃袋が自転車に乗って走っているようなものなので、メキシコに入ってから調子が良い。




5つで10ペソのタコス屋。安いっ。玉ねぎを山盛りに乗っけて、ライムをギュッと絞って、ボロボロ、グチャグチャとこぼしながらほお張ると激ウマ。メキシコのタコスは最高だっ。





グリルマシーンで焼かれる鳥達。なんとも言えない匂いがあたりに立ち込めている。じっくりローストするので、鳥自身の油で表面はカリッと揚げたようだけど、中は煮込んだようにトロッとしている。激ウマ。



25ペソ(だいたい250円)で鳥半羽を食べられる定食。この店では「ロースト」と「炭焼き」の2種類の焼きかたが選べた。これは炭焼きバージョン。スモークされたように香ばしくて最高にウマイ。そしてトウモロコシの粉をつぶして焼いたトルティージャは食べ放題。はらぺこサイクリストには最高の食事。



宝石のようなトマト。太陽の恵み。日本のトマトよりも水気が少なくて肉厚で味が濃い。基本的に料理用。スープスパゲティを作る時にいれるとウマイ。トマト、玉ねぎ、唐辛子、アボカドは小さな村の雑貨屋でも必ず売っている。



世界中どこでも見かけるコカコーラのトラック。なぜかわからないけど、コカコーラのトラックは何を背景にしても絵になるなぁと思う。ちょっとくたびれたカンジの後ろ姿がナイス。軽自動車よりも一回り小さい、おもちゃのようなトラックもグット。ごちゃごちゃしたドゥランゴの街ならではなのかも。

まもるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.