人は目立とうとする人、自分をアピールする人を嫌うという大原則 | ビジネスマン・ビジネスウーマンの生き抜く技術
新型コロナウイルスに関する情報について

ビジネスマン・ビジネスウーマンの生き抜く技術

ビジネスパーソンのキャリアアップを支援する!

ビジネスマナーの本を読んで違和感を覚えるときは、たいがい、目立とうとする方法、自分をアピールする方法が書かれているときだ。

 

 

それは、私たちは目立とうとする人、自分をアピールする人をよく思わないし、人もまた嫌うということを知っているからだ。

 

 

だが、ここを「目立たないところで目立つ」という発想を持ったら、どんな展開になるだろうか?

 

 

ちょっと思い浮かべてもらいたい。

 

 

きっと、「こんなことをしたら、こんなことに気づいたら、相手は心の内で喜ぶだろうな」という内容を考えているはずである。

 

 

それは対象が自分から、自分以外の人に移っている証拠である。

 

 

目立とうとする自分中心のビジネスマナーか、人の気持ち中心のビジネスマナーか、人はその違いを確実に感じ取る。

 

 

つまり、「目立たないところで目立つ」ようなビジネスマナーを考えると、人に好かれ、人の心を動かし、結果として、目立つ存在になるのである。

 

 

いかにも皮肉である。

 

 

 

目立っていいところは仕事である。

それに、「目立たないところで目立つ」ビジネスマナーが加わると、出世や昇進への道を歩み出す。

人からも好かれるからだ。

 

 

出世や昇進で苦労した人が身をもって学んできたことである。

 

 

『「出世しぐさ」のすすめ』を書いた背景でもある。

 

 

 

HPに詳細記事を掲載しています。

https://shinyuri-souken.com/?p=63022

(タイトル「ビジネスマナーの奥義は目立たないところで目立つ」)

 

 

 

 

 


ビジネスマナーランキング 

 

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ  

 

 出世するビジネスマナー

 『「出世しぐさ」のすすめ』

 

 「出世しぐさ」のすすめ

 

 本の目次

 

 スマホで読む方法 

 

※「出世しぐさ」は商標登録されました 

 

 

 

 

 なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか 

 

本の目次       

 

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント   

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方       

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報(まずは発刊内容をご欄ください) https://shinyuri-souken.com/?p=28756 

 

 

 

◆キャリア理論の本紹介

 https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933