映画ロニートとエスティを鑑賞 | レンタル彼氏 青山マモルのブログ

レンタル彼氏 青山マモルのブログ

レンタルダンディ(レンタル彼氏)の「青山マモル」のオフィシャルブログです。

こういう静かな中に物凄いエモーショナルがある映画は好き。

ただ前半から中盤にかけては、凡庸すぎて眠くなってしまった。後半に繋がるセリフや、ちょっとした表情があるのだけど、あまりにも自然すぎるから。

脚本もよくできてる。
見る人によって解釈というか、理解の仕方が変わってくると思う。

俺は一瞬「えっ?」って思ったが、
なるほど…そういうことか…
と、首肯した。

確かに、同じ結果になったとしても、選択の自由を得てから選ぶことと、選択の余地がないのとでは、雲泥の差がある。

そこには三者三様の思いが隠れていて、誰に感情移入するかによって、この映画のとらえかたも変わってくるだろう。

切ない映画なのに、前向きな映画だった。