MRI異常なし 2022初の大西! ブラインドクッキング | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほかホースリーダープログラム・外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

午前中は通院。

先日のMRIと全力血液検査の結果、「他の病院で疑われていた難病ではない」ということがわかりほっとしました♪

昨年急に目が開かなくなったことから神経系の病気の可能性もあるそうで、引き続き更年期障害の対処療法と経過観察になります。

筋肉量が一気に減って強い背中の痛みと疲労感の続く今の身体を受け入れつつ、今後もいろいろ模索し、新たなご縁も募っていきます。

去年から抜け毛が増えて前髪も薄くなってきたので、また伸ばすかもしれません。

 

西の風が強まる中、丸馬場の柵(道草封じ)に使う杉の野地板を買ってきました。

4メートル×5枚で2000円くらいと安価です。

馬は鼻も利きますが、おおむね目で考える動物。

向こう側に草が見えると多少の材木はへし折ることがありますが、板で囲って見えないようにすれば意外とOKなのです。

 

3時過ぎには東京湾フェリーも止まり風速19メートル、今年初めての『大西』(房総名物・冬の西の強風)となりました。

台風並みの暴風が吹き荒れると外での作業が限られてしまうので、今のうちに軽トラのタイヤ交換。

砂ぼこりがものすごく、板も飛んでしまうので塗装やドア修理は持ち越すことにしました。

呼ばれて顔を出すシャイン。

馬は音声コミュニケーションをあまり行わない動物ですが、1頭でいるときに呼んで、反応したら即座に乾草を与えるようにすると自分の名前を無くさないものです。

言い換えれば、

「大勢でいるときに無意味に呼ばれて何も起きないと、名前と自分を結びつけなくなる」ということです。

この状態の馬を見て「馬は自分の名前を覚えない」と思う方が大勢います。

「風の音のように意味がない音声には反応しないだけ」で、人間と同じなのです (゚ー゚*)

 

昨日の泥汚れも乾いてきました。

馬ふんが乾いていて放牧場掃除も楽々です。

雨で石が出ているので、スマホが届いたら石を集めるアルバイトさんを募集してみようと思います。

Amazonファームのレタスは、採取と成長のバランスがちょうどいい感じです。

下のほうの大きな葉から採取すればダメージもなく、次々に収穫できます。

以前お客様に「葉をどうぞ」と言ったら根元から折られてそこで終わってしまったことがあり、以後丁寧にお伝えするようにしています。

1人暮らしだと生野菜はまったく食べず観葉植物として花が咲いてしまいますが、リモートワーク中の夫Tのサラダになります。

 

爆風が地響きを起こす中の日の入り。

年明けのお問い合わせも増えてきてありがたいことです。

 

晩ご飯には中華風ぎょうざスープを作るも味がわからず(´Д⊂)

野菜、特に煮たキャベツやもやしは泥臭く感じてしまいます。

味覚障害のブラインドクッキングで食べられるのか心配でしたが、好評でほっとしました。

家庭料理ですからなんとかなりますけれど、料理人だったら死活問題です・・。

 

一方果物の味は良くわかり、イチゴならそのままの美味しさを感じられます。

病人のお見舞いにフルーツやゼリーを持っていくのも、そういった理由なのですね。

酸味と水分のあるものが食べやすく、マヨネーズやヨーグルトも良く食べます♪

 

明日は大西も落ち着きそうです。

やっと作業に取り掛かれます。