ナイター照明修理 冬野菜を植えました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場
新型コロナウイルスに関する情報について

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほかホースリーダープログラム・外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

夢見の悪い朝が続きます。

気持ちよく空を飛ぶ夢を何年も見ていませんけれど、超低血圧が低血圧くらいになってきたので布団からは出やすくなりました (゚ー゚*)

 

明日の雨に備えて馬たちは放牧ルンルン。

放牧猫の会長が馬追いしています。

電気屋さんが来られて、9月頭からつかないままの照明の修理に。

調べてみたら、電源ボックスの中の配線が切れていました。

修理は1時間ほどで完了。

4時になるともう暗くなってくるので、撮影時やキャンプ、焚き火の時に照明が使えると助かります。

 

冬野菜の植え付け。

夏野菜を抜いて、そのまま植えました。

耕したり丁寧に除草する体力がございません(´Д⊂)

がんじらめに支柱を立てているのは、西風がもろに当たるからです。

おととしの最大瞬間風速60mの風では、ピーマンとなすが茎だけになっていましたね。

 

手前からサンチュ、グリーンカール、ケール。

ケールは食べたことがないのですけれど、栄養があるそうなので植えてみます。

いずれも見るだけの観葉植物、食欲が戻ったら食べるかもしれません。

 

夏の工事で全滅しかけたレモンバームが復活していました。

更年期に効くハーブで、熱湯を注ぐとフレッシュハーブティーになります。

美味しいとは思いませんが、効いてる感じはします。

 

きぬさやとブロッコリーを植えて、ニラの周りの雑草抜き。

この画像で瞬時にニラがわかる人は家庭菜園に向いています。

馬たちのいない放牧場から高みの見物の猫たち。

左のメグは会長を慕って近寄りますけれど、威嚇されて追い払われます。

猫同士でくっついて寝ることもないですね。

 

15:53 まもなく日没。

冬の太陽は富山の左肩に移動しています。

滋賀に住む夫Tが「帯状疱疹ワクチンに助成金が出るかも」というので電話して聞いてみたところ、南房総市では助成金がなく全額自己負担だそうです。

「あまり効かないワクチン」と、「高いけれど良く効くワクチン」の2種類。

体力の落ちた今、迷わず効果のあるほうを選びました。

22000円を2回、箱根でちょっといい温泉旅館に泊まれるくらいの金額です。

この先年を取ってさらに体力が落ちると出っぱなしになりそうですから、打てる手は打ちます。

ワクチンを接種し終えたら、箱根温泉のYouTubeでも見て妄想に浸ることにしましょう。

 

丸馬場の照明テストOK、LED照明が広範囲を明るくしてくれます。

11月になったら斜面の草木を刈って、モミジの成長を促すつもりです。

雨音が響く中、お楽しみの貝細工。

数ある貝の中から、できるだけ同じものを選んでペアにするのが楽しいです(*゚ー゚)

目が悪くなってから液晶画面がまぶしくて見づらいのですけれど、貝細工は苦にならず没頭できます。

本もkindleではなく文庫本を選ぶのは目に優しいからで、遠くない未来に目に優しい液晶が出てくることを祈っています。

 

明日は眞子様にくぎ付けの予定です。