久々の裏山放牧 梅を干しました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場
新型コロナウイルスに関する情報について

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

朝6時に長いコールの電話があり、居留守しました。

「自分はいつも早起きだから」と相手のことを考えない人とは仲良くなれません(笑)

コロナ再燃?でキャンセルがまた続きましたが、忙しい時間帯の営業電話が少ないのはありがたいことです♪

 

7時半、2か月ぶり?の裏山放牧に出る馬たち。

泥地の斜面なので、お客様のない+晴れが続いた時でないと裏山放牧には出せません。

人間よりも体が大きくて小回りの利かない馬は、土手やくぼ地で怪我をしやすいからです。

 

ベランダでは梅雨明けのお楽しみ、梅干し。

シソ無しの白い梅干しが好きで、ジップロックで少量漬けました。

3年前に作ったものが今ちょうどいい感じになじんでいます(*゚ー゚)

一人暮らしなら2キロもあれば十分です。

 

馬たちはお昼2時前にいったん戻ってきました。

爽やかな南風に包まれ、今日も昭和の夏のような一日。

打ち水をしたらひんやりするでしょう。

 

わたくしが移住してきた2007年ごろまでは、近隣にエアコンの無いお宅も多かったのです。

そこから一気に酷暑、炎暑になりましたけれど、時代は常に移り変わるものですから、また寒い夏が続くこともあるでしょう。

人間の経済活動は地球の温暖化に加担していないという説もあり、わたくしもそんな気がします。

 

5時ごろはまだ誰もいない放牧場。

Amazonファームの不思議なナス “揚げてトルコ” 初収穫。

葉っぱの陰で収穫を逃れ、巨大化してしまったきゅうり。

食べられるかどうか、明日割ってみます。
 

5時半には再び馬たちが戻ってきました。

5台のカメラ+タブレットやスマホで24時間どこからでも牧場の様子が見られるのでとても便利です。

晩御飯はゴーヤチャンプル。

「味覚障害で常時苦みを感じる時にゴーヤを食べたらどうなるのか」知りたくて買ってきたものですが、亜鉛サプリで味もわかるようになり普通に美味しくいただきました♪

治療の成果で食欲が出てきて、炒め物や苦いもの、チーズや加工肉も食べられます。

 

力仕事が続いた後でまた尾てい骨に痛いヘルペスが出て右肩が熱を持っており、充電中。

草もまだたっぷりあり、続けて放牧に出せそうです。