初カブトムシ 梅雨明け前の草刈り | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

一仕事して笹食うパンダ。

彼女の頭上に「ぶーん」と羽音が。

角の短いオスのカブトムシです。

生まれたてのカブトムシは活発でハエのような身のこなし、うまく撮影できません。

ケースの中で生まれ育ち、昆虫ゼリーを食べてぐたーっとしている個体とは別物です。

 

今日は早めにコメリの洗浄と保湿。

モイストケアの効果は数日でも目に見えます♪

もうまったくかゆがっておらず、そろそろ毛も生えるでしょう。

彼女の肌がきれいになったら、ちょっとしたコスプレをやるつもりです。

 

玄関で見つけたアマガエル。

じっと見ていたら、敵認定されて防御態勢を取られました。

命をかけて、平らになってじーっとしています(´ω`*)

どうせならもうちょっと茶色くなったほうが目立ちませんね。

カエルの身体はどことなく人の作りに似ていて、可愛らしいものです。

 

少し小雨もぱらつきましたが、作業はできます。

強風で気温25度、涼しく虫にさされない陽気は草刈りに最高!です。

これが『無風・35度』になると動けません(´Д⊂)

50分後、大久保の馬場の景観維持完了♪

移動して外乗コース管理へ。

ヒメヒオウギスイセンが見事です。

台風で折れた枝が強風でまた落ちていました。

巨木に光をさえぎられてひょろひょろに伸びた細い枝が、巨木の倒壊と一緒に折れたものです。

空間が空いて日が当たるようになりましたから、これからはたくましく育つでしょう。

 

無心に草刈り。

馬たちの歩く道を維持します。

カラスザンショウの丸太がイノシシに転がされていました。

軽い木で幸い、わたくしひとりでも持ち上げて片づけられます。

重いケヤキだったらとても動かせません。

 

4時間後、無事作業終了。

雨の多い地域の森林コース維持には、莫大な手間と時間がかかります。

外乗の料金内訳の多くを、この管理費が占めている感じです。

 

草刈り中、何度も深い穴に草刈り機のタイヤを落としたり、自分が腰まで落ちたり。

今年の雨で、たくさんの穴っこ(地下水脈)ができています。

ここ最近でこれほど穴が空いた記憶はなく、今年の梅雨は手ごわいです・・。

 

明日はロケハン。

降らなければ手持ちの草刈り機を出します。