水仙満開 猫がウグイスを捕ってきました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

今日も極上の真冬日。

ウェブページのトラブルでお世話になっている方へ送るしいたけ。

湿り気があったので、扇風機を当てておきました。

宅急便を出しに行くと、猫の会長がうなりながら登場。

今日の獲物はウグイス。

鳥を持った猫は「獲物を横取りする他者からいかに逃げるか」を考えていますので、3秒でシャッターが押せるデジカメでないと撮れない写真です。

「人に食べさせよう」という擬人化された考え方は無いと思いますが、「誇らしい」という気持ちはあるようで、目がらんらんと輝いています。

落葉樹が葉を落とす真冬は小鳥が地面すれすれを飛ぶことが多く、猫たちの格好の獲物です。

キャットフードが十分に食べられても、猫は野生を失いません。

馬の道草と同じです。

 

宅急便を送っての帰り道、県道沿いの水仙が満開。

こんなに多くの観光客の姿を見るのは9月の台風以来です。

近くの吉井農村公園に造園業者さんが入っていました。

桜その他の倒木が片付き、以前のように観光バスも来るようになるでしょう。

止まったままの台風後の時計がようやく回りだした感じです。

うちの屋根はまだ当分ブルーシートでしょうが、目につくところが復興していくと嬉しいです。

 

帰宅してAmazonファームで春菊を摘みました。

農薬も肥料も無しで素晴らしい収穫を恵んでくれますが、去年から一度も食べていません。

きぬさやかスナップエンドウの花がたくさん咲いています。

下仁田ねぎも活けてあり、いつでも食べられます。

馬カフェに散らかったウグイスの羽を片づけ、ナックルとパンダを馬房にしまいました。
摘みたて春菊は、食欲不振のわたくしにとってボディブローという感じで、インパクトが強すぎました。

無農薬無肥料虫食いなし、お好きな方は摘み放題です。
 

明日は早朝から倒木現場の下見です。