真冬の馬影絵動画を撮ってみました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

真冬のお楽しみ、馬の影絵遊び。

こちらはドウ。

ラバのコメリ。

満5歳9か月になりましたが、まだおっぱいを飲みます。

パンダは前から見ても、横からの影も真ん丸です。

3ブラ写真!

スーパーリラックスモードのとき、馬ダンスをしているときに下半身が伸びてきます。

4時過ぎの集合影絵。

戦隊シリーズみたいです。
スマホに広角カメラがついていることを知ったので、早速使ってみました。

動画の撮影も。

馬たちが近寄って挨拶したり、場所を譲ってチューイング(軽い歯ぎしり)したり、人と歩みを合わせたりしている様子がわかります。

影のほうが放牧場の幸せな雰囲気が伝わりますね。

食欲のない晩御飯は、初めて“イワシの梅煮”。

子供のころ「うわ、大人はマズそうなものを食べるんだな」と思って覗き込んでいたメニューが、アラフィフにして「食べてみたい」と自主的に再現されました。

わたくしが実家を出た時、亡き母はまだ45歳。

更年期もほとんど感じなかったそうでうらやましいです。
 

イワシの梅煮はみりんを控え甘さもちょうどよく、ご飯が進みました。

更年期+ピロリ菌(除菌済み)の萎縮性胃炎持ち、肉や脂っこいものを食べると食後におなかがじわじわ痛くなることが多く魚食中心です。

胃壁が薄くなっているそうで、「焼肉に行ったら肉以外食べない」ような超健啖家だった身としては寂しいです。
スイーツもカフェインもお酒もダメ、口に入るものが減って年末年始も安上がりでした。

 

スマホデビューして10日を過ぎこつこつと操作を覚え、敷地内の防犯モニターLIVE映像がアプリを通じてどこからでも見られるように♪

Googleで画像共有できるのもとても便利です。
ガラホの2倍のバッテリーがあるので、運転時用のハンズフリーマイクもBluetooth接続しました。

なぜか運転時に電話が多い法則があり、スマホ規制が強化された時代は必需品です。

 

何でもBluetoothでつなぐと便利なようですが、バッテリーの減りが早くなるようなので必要時だけにします。

ワイヤレス充電も、本体が少しズレるとダメですね。

いつも差込口のカバーが壊れて本体回収・修理代がかかるので、長い目で見ると充電器を買うほうが安かったです。

しかし、仮にどこでも電気を拾って充電できるようになったら、公共施設などの電気代にただ乗りする人も増えそうですね・・。

 

座りづめ+年末年始のストレッチサボり+数百キロの飼料や土のう、コンクリ材料を運んだことで生じた腰の違和感はかなり改善されました。

ぎっくり腰にまで発展しなくて良かったです。

明日も重いものを持たないようにします。