猫の狩猟が盛んな季節になりました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

朝から温かい雨になりました。

ゲストハウスの大掃除をしていると、窓からススキの穂が見えて幸せです♪

今年は5月に剪定することで、台風でも倒れない丈のススキに仕立てました。

コメリの背ごしに見える晩秋の風景。

畜舎は小鳥の羽が散らかっていました(´Д⊂)

木々が葉を落とす晩秋は、猫たちの狩猟期です。

羽は軽く舞い上がるので、掃除が大変です・・。

もし馬の口に入ってしまっても、ちゃんと吐き出します。

喧嘩して相手の毛が口に入った時も、まずそうに「ぺっ」と出します。

 

餌入れの洗面器には、死んだヒミズ(日不見)が転がっていました。

この秋2回目です。

なぜかモグラは食べず、遊び殺した後に放置しています。

わざわざ餌入れの中に落とす意味はわかりません。

「猫から人へのプレゼント」「人に見せたいのだ」という猫好きの方がいますが、鳥だときれいに食べますので、単に食べたくないものを放置しているのでしょう。

 

雨は降り続き、その間に市役所での罹災手続きや郵便局、デジカメの受け取り、通院などを一気に済ませられました♪

明日からは耐衝撃・防水のカメラで撮影できるので気が楽です。

ストラップの取付金具の交換で1万円と言われたので修理をあきらめ、ストラップなしで胸ポケットに入れて使います。

泥の上に落としても大丈夫なのは強みです。