切り株の上で瞑想 今後のボランティアさん募集について | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

朝イチは乾草の買い出しです。

牧場南東のうっそうとした杉林は、台風で折れて丸裸になり、明るくなりました。

電柱も倒壊して長いこと通行止めで、やっと通れるようになった道です。

画像は4/26撮影のもの。

この光景が永遠に続くと思っていました。

杉の木を植林した場所は、局地的に大きな被害が出ています。

人口が減り、人が薪を求めて山に入らなくなって久しく、杉以外にも大きくなりすぎた木が増えました。

倒木を薪ストーブ利用者にマッチングしているところもあり、発想の柔軟さに感心しています。

 

買い出しを終えて雑積み。

気になる方は積みなおしに来てください(*゚ー゚)

午後からお客様を復旧現場にご案内。

ふと、切り株の上で瞑想してみたくなりました。


根っこから浮き上がって倒れたエノキの大木、横倒しの状態で切ったので切り口が斜めです。

座っていると自分も斜めになり思考が迷走し、「瞑想は平らな場所でやるべき」ということに気付きました。

停電しても断水しても、瞑想が得意なら自分が自由になりますね。


今日は力仕事をお休み。

馬カフェで猫のシルエットクイズを楽しみます。

黒が多めなら会長です。

オシロイバナもまだまだ美しく咲き誇っています。

今年はうまく剪定できたので台風でもまったく倒れず、3色がバランスよく咲いています。

木も草も、人の手が入ることで守られる命があるのです。

 

夕方は電話取材を受けながら、この先のボランティアさん受け入れについて考えました。


被災直後は枝や竹の片付け作業のみのボランティアさんを募り、善意に甘えさせていただきました。

おかげさまで目を見張る速さで復旧し、再開のめどが立っています。

もう少し先の話になりますが、牧場に台風前の日常が戻りましたら
 

◇畜舎清掃と簡易作業のみの短時間ボランティアさん(原則として体験メニューご利用の方・前日~当日受付)

◇馬の扱いを覚えたい方向けの体験メニュー

この二つに絞ります。
個人的な友人やこちらから馬の扱いをお願いできる方はその限りではありませんが、今回お手伝いいただいた神様のようなボランティアさんの姿を見て、台風前に構想していた「牧場検定」案について「これで良い!」という確信を得ました。
 

一頭づつ個室に入れて管理している乗馬クラブとは違いますから、扱う側にもそれなりの危機管理意識と知識、心構えが必要です。
自己完結で行動でき、明確な目標を持っている方に限ります。
単身運営ですから、
「送迎付き、ボランティアのみ希望、馬と触れ合って一日ゆっくり過ごしたい」
だと、逆にこちらの手が回らなくなってしまうのです。

先のことが考えられるようになったのも、ひとえに支えてくださった皆様のおかげで、ありがたいことです。

明日は馬の新しい先生がやってきます。