屋根の修復進む また断水しました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

停電が続く日常。
朝はほうきで掃除、ベッドシーツを沸騰したお湯にくぐらせて手洗いして干しておきます。
ダニアレルギーがあり、洗うだけでは刺されまくって超かゆいのです。

「今から支援に行きましょうか」という電話をいただき、幸せな気持ちになりました。
「うちは被災が少ないので、もっと大変なお宅を回ってあげてください」と伝えます。
大木が折れて多少の瓦が飛んで小屋がひん曲がっている程度では、被災のうちに入らないのです。

有線放送で市内ボランティアの受付開始のお知らせが聞えました。危険な作業もありますから保険に入ってから無理のない範囲で参加しないといけません。
今の段階で最も必要とされているのは、屋根に上がっての高所作業ができる人で、これはボランティアではなく仕事として請け負うべきです。
災害ですから、危険作業を行う職人さんに公的な補助があれば復旧も最短で終わるでしょう。
次に、その補助をする人、車で支援物資を運べる人、トラックで瓦礫を片付けられる人など、行動力と自己完結力のある人材が求められています。

2011年の大震災の時には、何もできなかったので無言で寄付をしましたが、これがその時の自分ができる後方支援として最も良い手段と考えました。
その考えは間違っていなかったと、今になって思います。

今は支援物資マッチングアプリもあり、必要とされているものを確実に届けるのに良い方法です。

毎日お世話になっている電池式LEDランタン。
この数年で、LED照明の性能は飛躍的に伸びていますね。
右の古いランタンはお客様用にもいくつか買ってありましたが、劣化していてこの一週間で3台が壊れました。
もう1台買おうか悩むのですが、通電まで2週間のカウントダウンも始まっています。
追記:ご支援いただきました!!

午前中は台風以来初めてのゴミ出し。
連休中ですが、施設が通電したので臨時受け入れを開始しています。
40分並んで、壊れたランタンやダメになってしまった冷蔵庫の中身を出してスッキリしました。

岩井のスーパーやコンビニはまだ閉店中ですけれど、道の駅ハイウェイオアシス富楽里は営業再開し、お盆に夫Tと行ったさんが焼きのお店はお惣菜を売っていました。
サバの塩焼きと焼き鳥、おにぎりをゲット!
菓子パンが主食の毎日には嬉しいです。

帰宅してたるたるのスーパーセクシーショット。
彼女のお腹は年々たるんでいきます。
昨日の屋根のブルーシートがけでの疲れが出ており、少し休憩。
肉体的よりも、滑る高所で緊張して精神的に疲れ、布団に入っても屋根の上で滑る感覚が蘇り気持ちが安らぎませんでした。

午後2時、昨日やり残した屋根の端の土のう積みを終えると
3時過ぎ、ふらっと馬たちが放牧から帰ってきました。
畜舎掃除の余力がないので出しっぱなしです。
鞍置き場上、台風で飛ばされた屋根の補修スタート。
停電で電動のこぎりが使えないので、角材はチェーンソーでぶった切りました。
急ごしらえしたら西側が高くなり、今回クラスの台風が来たら壊れそうです。
自分で作ったものですから、壊れたら直します。

日没後、暗い自宅に戻るとまた断水!
念のためにと汲み置きしてあった水道水が早速役に立ち、カセットコンロでお湯を沸かして行水しました。

夜9時、ブルーシートを打つ雨音。
明日の朝までは降るようです。