外乗で見つけた赤いクローバー | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。


テーマ:

午前中の乗馬は、初めて馬に乗る女性。

「1年前に看板を見て、ぜひ行きたいと思っていた」そうです。

サーフィンとヨガをやっているとのこと、斜面を一人でも余裕です。

下り斜面も怖がらず、20分もたたないうちにコツをつかんで操作しはじめました。

体の硬い方は、「週一で乗馬に通うだけ」よりも、毎日ストレッチやヨガをやるほうが上達の近道になります。

揺れる馬上で重心を真下に落とし、ブレた自分の軸をさっと立て直す力が大事なのです。

この力が強ければあぶみが抜けることもなく、強い脚(足の合図)を簡単に出すことができ、道草もあきらめさせ、強い主導権を握れます。
 

それができない方は、平らな柵の中で正しいバランスを保った常歩(なみあし)をしっかり習うといいでしょう。

常歩は基本中の基本で、1回1回をおろそかにできません。

鞍にどっかりと座って足を前に投げ出すような乗り方では、100回乗ってもうちでの外乗は危ないです。

はだか馬だと自身のアンバランスな点にすぐ気づきますから、一度チェックしてみると面白いです。

 

アカツメクサの夢の園。

お客様と一緒に花輪を作りました(*゚ー゚)

心癒されるひとときです。

道中見つけた赤いクローバー。

地面に違いがあるとか、傷がついたとか、何かしらの理由で赤くなっているのでしょうか?

それとも、遺伝的に赤いのでしょうか?

ためしに植木鉢に植えてみます。

 

お見送りして道草刈り。

草刈り機の曲がっていたハンドルは、先日のサポーターさんたちのご協力で直りました♪

単管をハンドルに差し、三人がかりで「えいやっ!」と曲げなおしたのです。

大久保の馬場の牧草もついに回収完了。

なんという高密度のてんとう虫!

草を両手でつかむと、数十匹はいます。

一束の草を持ち帰りました。

馬の餌ではなく、畑のニラです♪

この時期はまだ水仙の葉が残っているので、ニラとの誤食のニュースが時々報じられますね。

念のために一度匂いをかいで確認します。

食欲が減退してからにんにくやニラを遠ざけているのですが、そろそろ食べられるでしょうか?

 

回収した草を放牧場に運び入れます。

今夜から明日の朝まではこのままで大丈夫です。

母屋の汲み取り槽横、えぐれた基礎を土嚢と土で固めました。

これもずっと後回しにしていた作業で、気分爽快です。

横の茂みは、元・ブロッコリーと元・カリフラワー。

食欲がなくプラトニックラブを貫いているうちに、ジャングルになってしまいました。

片づけたら茶色の猫影が見えました。

作業を見学に来たヒマなたるたる。

触ろうとすると逃げますが、転がりながら振り向いて幸せそうです。

 

5/7の通院日から少しづつ食欲が戻っており、ご飯+おかず1品を用意するようになりました♪

一日3食しっかり食べたのも久しぶりです。

女性ホルモンの補充で食欲が戻るなんて!! 全く予想しませんでしたね。

なんでもお腹いっぱい食べられてどこでもすぐに眠れた頃が懐かしいですが、漢方やその他の薬で楽になるのならありがたいです。

馬森牧場代表 菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント