新年1回目のタイミングの神様 コメリの乗り心地UP | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。


テーマ:

最近は、目覚ましが鳴る前に自然に目が覚める日が増えて来ました。

地味ですが本っっ当に幸せなことです(*゚ー゚)

騒音で起こされることがなく、睡眠導入剤でしっかり眠れ、上が85くらいの血圧も投薬で若干底上げ中。

夜は水分を控えて早く布団に入るようにしており、このリズムが自然なものになればありがたいです。

 

まずは今年1回目の乾草の買い出し。

空気が乾燥しており、買いだめができて楽です。

高温で湿度の高い時は、カビ防止のため数日おきに買いに行くしかありません。

 

去年から運搬車のエンジン音が「ぶおんぶおん」と波打っており、気になっていました。

フィルターとオイルを交換しても変わらないので、早めに修理に出すことに。

 

その前に畜舎掃除。

2日にコンクリを張りなおしたので、地面が硬くて幸せです♪

馬ふんを下ろして、「さあ、修理工場へ」と思ってエンジンをかけたら!!!

ぷつっとスターターの紐が切れました(´Д⊂)

これでもうエンジンはかけられませんから、エンストしないようにエンジンの回転数を上げて軽トラに積み込みます。

10年使っていて、正にこの瞬間に壊れるなんて!

「タイミングの神様」は本当にいるのです。

 

お昼時だったので、先に伐採へ。

丸馬場上の急斜面を

きれいに整えました。

真ん中の枝はモミジです。幼木のうちは幹が緑色。

紅葉の名所にしたいので、間違って切らないように注意しています。

「嘘を嘘だと見抜けない人にネットを使うことは難しい」という名言がありましたが

「モミジをモミジと気づかない人にも管理伐採は難しい」です。

・・・いやそんな難しいことしなくても、「葉っぱの赤い時期に切れば良い」のです(゚∀゚)

年末はなにかとバタバタしていて、伐採が遅れてしまったのが原因です。

 

北側斜面にも小さなふきのとうが出ていました。

南側はもうかなり大きくなっているでしょう。

12月の半ばにふきのとうが出る南房総、もう日も伸びており真冬の感覚がほとんどありません。

 

1時、運搬車を修理工場へ。

燃料コックにたまっていた錆を取り、清掃してエンジンも快調!

ベルトが切れかかっているため、注文しておきました。

劣化したゴムローラーは、純正パーツ交換で10万円くらいするようです。

多くの人が買い替えを考えるとのことでした。

帰宅して活力に満ちた運搬車を下ろし、柵の修理。

昨年10月の塩害でさびつき、ラチェットでないと開きません。

「この柵を壊した人!」と声をかけると、ドウと目が合いました。

現場を見るまでもなく、犯人は8割がたこの食い意地大王です。

下から草を食おうとして持ち上げられた柵。放置すると倒れて全頭脱作します。

全体的に下げて、顔が入らないようにしました。

暗くなる直前からナイター練習へ。

今日のコメリの乗り心地は、今までと雲泥の差!

こんな感じで前重心になってしまい、わたくしは乗りづらさを、コメリは動きにくさを感じていました。


ラバは肩と胸が細くくびれているので、馬用の鞍がフィットしないのです。

それが今日は!

首の付け根に、もう一枚折りまげたクッションを入れてジャストフィット。

鞍が安定し、乗り手との重心もまっすぐにそろいます。

「尾がい」という尻尾に輪を付ける馬具もありますが、まずはこれで試してみます。

ほとんど馬の乗り心地で、乗っていて不安がありませんでした。

これで次の段階に進めます♪

 

本日のテーマはハミ受け。

ハミという口に入れた金属に自らもたれる・追うように教えています。

心理的な負担を減らすため、丁寧に乗って1回あたり10分程度です。

40年の付き合いと考えてのんびり行きます。

馬森牧場代表 菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント