雪虫の飛んだ日 コメリの鞍は “ボア鞍”に決定 | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。


テーマ:

撮影の準備を終えて。

今年は暖冬で、新芽が青々としています。

まとまった数の雪虫が飛びました。

本格的な冬の来訪を告げる小さな虫で、触ると羽が溶けてしまいます。

数日前からちらほらと姿を見かけていましたけれど、自分的には今日が「雪虫が飛んだ日」です。


過去のブログを調べて見ると、例年は11/20ごろに飛んでいました。

寒がりなので暖冬だとありがたいですが、雪虫には出番待ちが長かったようです。

 

撮影中の乗馬練習。

母メリーはストレッチロープをつけて運動。

娘コメリは、昨日のおさらいから。

乗り台の横で静止し、人が乗って指示を出すまでじっとします。

彼女以外のラバを知りませんが、馬との違いは感じません。

賑やかな女子会をがBGM。

過疎の地に、若い人たちの笑い声が響くのは良いものです(*゚ー゚)

ひととおりの鞍を装着して乗ってみた結果。

背中の細い細いコメリの鞍は、ボア鞍に決定しました。

乗るときに台がないと鞍がズレるのが難点ですが、外乗なら斜面を使うか飛び乗りします。

あぶみの間は自分の肩幅以下?

乗馬しているというよりは、少しがに股で歩いている感じです。

 

今、彼女に求めていることは

「柵から50センチくらい内側を一定のリズムで歩くこと」。

遅くなる前にスピードの維持を求め、内側によれたらおなかを押して外に出します。

速歩(はやあし)の反応も、ちょっとづつ良くなっています。

 

母との練習を終えて。
今月で生後4歳8か月になりますが、まだお乳を飲んでいます!

「ラバの世界一遅い乳離れ記録」が作れるでしょうか?

お見送りして保田の道の駅へ寄り道し、父にしいたけを送りました。

ちびっ子用の手袋も新調。

お母さんたちが困らないよう、何を忘れてきても乗れるようにしています。

雨は予報以上に強く降り続き、まだまだ土木作業はできません。

今のうちにウッドチップを引き取りに行きます。

馬森牧場代表 菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント