夢を手放せば次の夢がつかめる! ミントに見下ろされました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

涼しい朝、メジャーを出して放牧場の測量スタート。

晴れが続くようなので、思い切って柵を作り直すことにしました。

馬たちが柵の向こう側の草を食べようとして力いっぱい押すため、頑丈に作らないとすぐに壊れます。

まずは材料調達。

セイタカアワダチソウの茂みを削り

埋もれていた柵を撤去し、回収します。

ここは11年前に、

「オリーブを植えてオイルを採ろう」と夢見てせっせと土ならしをした斜面です。

軽トラ一台分の投資をしましたけれど、その夢はかないませんでした。

日照時間と降雨量、最低気温は事前にリサーチしてクリアできていたものの、湿度が高すぎたのです。

 

湿度が高い土地でオリーブを栽培すると虫がつきやすく、樹皮や根を食い荒らします。

薬をかけるのをやめたら最後の一本も枯れてしまいましたので、ついにあきらめました。

 

しかし、「夢をひとつ手放せば次の夢がつかめる」♪

オリーブ畑だった斜面をきれいにして放牧場にします。

 

1.5トンのトラックを借りて単管その他を買い出し、35,000円くらい。

帰り道はちょっと海に寄って深呼吸。

クセのないオカヒジキが繁茂していました。

再び重機に乗って柵ばらし。

この柵を作ったのは2011年か2012年、 一人暮らしで右手を骨折していたときです。

柵を作りかけの状態で腕が使えなくなったので、ここだけ知人に頼りました。

ミントが170センチ超え!

ハーブに見下ろされたのは初めてです(゚∀゚)

回収した古い単管。

斜面が急すぎて馬たちが入りにくく、デッドスペースになっていました。

この先も使うことはなさそうですから、上の平らな方に柵を作り直します。

新たな柵ができれば、平らな一辺が50mを超えます。

ちょっとしたトレーニングに使えれば言うことなし。

旗を持ち、他の馬を追い払いながら乗る方法を試してみたいのです。

自分が近づいたときに他の馬が逃げる様子を見た馬は自信を持ち、1頭での外乗でも落ち着きが出るそうです。

すべてが本に書いてある通りにうまく行くとは限りませんが、やってみる価値はあります♪

 

6:40、集めた単管をバケットに積んで回収。

夏至が近く、遅くまで作業できます。

続いていた頭痛は、今日は幾分マシになりました。


思い当たるふしがもうひとつ。

磁力で血流を促すという健康器具を試し、首~肩のストレッチ時間が減っていたことです。

幸い「欲しい」という方がいましたのでお譲りすることにし、再びストレッチの毎日に戻ります。

 

昨日のお客様に写真をいただきました。

イケメンに乗ると相乗効果を得られそうで気に入っています♪

明日は早起きしてお客様を迎える準備です。

菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります