青空と月初参り | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

気持ちのいい青空が広がりました♪

ベランダから見える世界は青も緑も濃く、目の深いところへ届きます。

アメリカデイゴも開花。

これが咲くと、「うっしゃ夏だっ!」と叫びたくなります。

用事を済ませ、帰りの寄り道。

ふと気になってウインカーを出し、知らない道を曲がってみました。

田んぼに映り込む空も、稲が伸びればまもなく見えなくなります。

それは木幡(こはた)神社への道でした。

6月の月初参りはここにしましょう。

鳥居をくぐると、苔に覆われた境内が見えてきました。

神様の開運を祈ってから自分の生年月日、住所氏名、お願いごとの順に唱えます。

基本的に忙しくても空いても楽しいので、お願い事は健康と安全のみですね。

 

土手のアジサイも

ホタルブクロも見事です。

ホタルをこの中にいれて光らせてみたいのですが、意外とすばしこいので無理そうですし、人の手でホタルの体が痛むと困るのでやめておきます。

「夜道を歩くと鼻の穴にもホタルが詰まる」くらいに増えたら試してみます(笑)

帰宅後はお客様受け入れの準備で大忙し、お問い合わせも多く乗馬時間が取れません。
 

明るいうちに明日の準備、牧草モアの刃研ぎ。
グラインダーで角度をつけるのにも慣れてきました。

鋸を持って外乗ルートの整備、伸びてきた竹や木を切っていきます。

薄暗くなってからでも犬がいれば平気。

先にイノシシほか獣の気配を感じ、知らせてくれます。

草取りは少なめにし、獣道感&ジャングル感を出してみました♪

先頭の人は長い枝を持ってクモの巣はらいをしないと、顔が綿あめのようになってしまいます。

100メートルほどの高低差を張り切って案内してくれる犬。

今年で11歳、背中の手術も無事終えてまだまだ元気です。

年を取るのが遅い馬を扱っていると、犬の一生がとても短く感じますね。

6:44 津辺野山右側の小さな山に太陽が沈みました。

今日の戦利品、夏物ワンピース。

3着で800円なり(´ω`*)

手だけ黒く日焼けして、半袖を着るとまるでグローブのようなので七分袖~長袖にしてみました。

馬の飼料代や治療費、工事費、車両費に10万円単位のお金がどんどん出ていきますので、自分にかけるお金は一番最後。

普段着はユニクロか頂き物、リサイクルショップになります♪

 

夜のストレッチの友、最近の動画ヒットは “鋼の錬金術師”と“うしおととら” 

原作は読んでいないので、テンポのいいアニメの世界だけをシンプルに楽しんでいます。

登場人物が多いと覚えられないので、その都度完結する感じの勢いのある作品が好きです。

 

明日は近所のみかん農家のヘルプ。

牧草モアで刈れるところだけ刈り、急斜面は刈り払い機にお願いする形です。

菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります