放牧場北側の斜面をなだらかにしました | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。


テーマ:

乾燥注意報が出ており、空気が澄んだ朝になりました。

まずは鴨川へ馬の餌の買い出し。

みんなみの里は工事中です。

うちのほうではあまり見ないわらびが売られていました。

ほうれん草などの葉物もようやく手の届く価格に戻っています♪

11時半から重機を出して、伐採の終わった放牧場北側の斜面の整地。

ここは地盤が固く乾燥しており、今日でも作業できます。

 

10年前のわたくし

「45度くらいあるかな、この傾斜なら馬は出ないだろう」
 

10年後のわたくし

「何分後に出るかな~?」

 

数分後にラバのコメリとシャインが上り始めました(笑)

いそいで単管の柵を作ります。

2頭とも怒られるのはわかっているので、

「こら!」と叱るとすぐに下りてきます。

 

岩と土砂が盛り上がっていた斜面が

優しい顔つきになりました(´ω`*)

無事に伐採が終わったことを喜びつつ、表面を薄く削り落とし

採取できた小石交じりの赤土は、畜舎へのスロープに繋げました。

馬たちが歩き回れば、数日で硬く締まっていきます。
航空写真で見ると、赤い線の部分です。

小さな規模の工事ですが、上に生えていた厄介な大木を真冬に少しづつ伐採してからになったので6年がかりでした。
途中で職人さんが怪我をしてお休みしていた年もあり、時間がかかりましたが、ようやく
「台風でも大きな枝が落ちてこない、大雨でも崩れない」 日当たりと風通しの良い斜面になって大満足です。

 

明日は単管を片づけ、作りかけの竹やぶのスロープを見に行きます。
晴れ続きだと重機での仕事が忙しくなりますが、一日が一瞬で「大変だ」と思うこともありませんし、春の長雨までの時間勝負です。

馬森牧場代表 菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント