馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる愉快な体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

満3歳6か月になったラバのコメリ。

体験乗馬を終えた母の乳を、音を立てて飲んでいます。

乳離れのきわめて遅い子ですが、5年後には同じだと思って全く心配していません(*゚ー゚)

気性の激しい母と違い、人懐こく馬へのあたりも柔らかいコメリ。

あと5年の間にどこまで伸ばしてやれるかが楽しみです。

 

助っ人と大久保の馬場へ行って

冬野菜を植え付けました。

スティックセニョールと芽キャベツ、カリフラワーも追加。

食べきれなくともお客様のお土産として喜ばれます。

 

台風で折れたナスを半分以下にまで切り詰めたのですが、そこから復活して見事な実を付けました♪

ナスも試験的に3種類植えてみましたけれど、好成績を収めたのは長ナスのみ。

来年もこれでいってみます。

 

助っ人さんが大好きなメグ。

彼がくるとなぜかわたくしにまでベタベタしてきます。

体重3キロの華奢な会長と違い、5.5キロの彼女がふいに腹に乗ると 「うっ」 と来ます。

トイレが近い時は大変です。

 

作業後は、スラロームでの足の使い方を覚えてもらいました。

手綱でなんとか曲げていた馬が、急にコントロールしやすくなったことに感動しています。

真下を向いている馬の肋骨を両足でたわめる手助けをする。

力で強引に曲げるネガティブなイメージではなく、
「流れる水を導く水路を作る」 あるいは
「進行方向のドアをそっと開ける」 ポジティブなイメージです。

丁寧に道を作ってやると馬もすいすいとよく動き、高い集中を維持できます。

 

馬ふん出しにいくと、会長がウッドチップの上で何かをハンティング中。

ゆるんだ地面も落ち着いてきましたし、そろそろここでメリーに乗ってみます。

 

帰宅すれば遠赤外線サウナでじっくり汗をかき、シャワーをあびる極楽時間。

手放したいと思っていた人と、手に入れたいと思っていた人を引き合わせたタイミングの神様に感謝です。

 

明日も助っ人さんと外乗ルート整備。

道にかぶさるセイタカアワダチソウを刈っていきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

菅野奈保美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります