演劇とか それを取り巻く人たちとか

ほぼ個人的な観劇日記に。
イベント運営+素人の視点で観ている事が多いです。
本番以外の前後も大事!

★ツイッター使い始めてみました。
@mamomya


テーマ:
さて、ここまでは愚痴です。
「しょうがない」で済ませたく無いと思ったので。
ここから考えてみようと思います。
大会の審査とは、審査員とはこういうモノだ、で諦めてはいないだろうか?

全国大会なんです。
各コンテンツで最高を目指して何が悪い?
自分は生徒講評委員会が大好きで張り付いて見学をさせていただきましたが、ひょっとして年々その仕組み、ロジックはより洗練されてきているのでは?
最高の形を目指して進んできているのでは?そういう風に感じています。
勿論、まだまだな所は見ていてもあって(次は発表の部分だと思う)、けれど彼らの姿を見て「講評にはきっと理想の形がある」と思えたのです。

「生徒講評ノットイコール講評」

ではあったとしても単純にでも講評は上位交換のモノのはずだろう、と!

これは個人的に、生徒講評委員会がみっちり受けているであろう講習の内容をもっと知りたい、明るみに出したい。
出来れば、委員会メンバー以外も知るくらいになって欲しい。

そして、専門審査員にもそういった形の根を植え付ける仕組みを作れないか模索があって欲しい。
(多分、あるのかもしれませんが、今回のメンバーはそれを受けているとは到底思えません。受けてたのだとしたら機能していません)

勿論、どんな講評をしようと、どんな感想を持とうと自由だ!の精神はあるだろし、大切な部分とも思います。
ただ、土台の無い所で自由にやっても限界があります。
「理想の講評」を具現化させてもいいのではないでしょうか?

ありますよね???

あれだけの上演をした人たちが、観て感動した人たちが、傷付く様なモノがあるならば、こういうモノだからで諦めたくはありません。

とても魅力的な講評の理想を持つ方々がいるのを知っています。
先生がたの中にもこういった現状に憤っている人がいるのを知っています。
傷付いてしまった人に優しく手を差し伸べる先生がいるのも知っています。
自分の様な者にも楽しめてるか気にかけてくれる先生がいるのも知っています。

自分は客席にいて、遠い人たちばかりだけれど(「客席」は自分のこだわりなので自分が近付かないせいもあるが)、きちんと働き掛ければ何かを動かせる可能性あるんじゃないか、と勝手に思ったのですがどうでしょう(笑)

誰に、どこに働き掛ければいいですか?
どこを攻撃すれば?
どんな問題があるかは?
可能性は?お金の問題とかもありますか?
今はこういった思いを繋ぐ人もいるのだろう、頼むよ。


少しずつでも難しい事、だと思います。
観客である自分の一歩は先ず、つつく所からと。
うるさい観客がいる、は有効になる局面はあるはずと思うのですよね。

そして、講評が機能していなくともやはり観客の目があると思う。
それは届くはずだ、こんなにも見えている。どうか、その本気の想いを沢山拾ってください。

自分もそうありたくて、でも今の自分にはちょっと難しくて、人を傷付けてまで自分は楽しむのかよ、というモノにぶち当たったので、その為に休憩、心のメンテナンスをしようと思っていたのですが。
具体的に傷付けてしまった人には全力土下座でもなんでもするとして、もうちょっと頑張ってみようと思います。

なんとかなりませんか?
自分に出来る事、ありませんか??!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mamomya@mmm_aoyaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。