MMZ-56 Daisy(デイジー)ショルダーバッグ・トートバッグ型紙の作り方説明2 | MJB&Patterns Well KAORIのブログ

MJB&Patterns Well KAORIのブログ

ソーイング型紙ショップマミージュエルボックス Patterns Wellの新作情報、サンプル紹介 お客様作品などなど、日々起きる出来事や楽しい生活をアップしていきます。


テーマ:
8.表袋布と裏袋布を合体する
①「表袋布」と「裏袋布」のバッグ口を中表に合わせ、マチ針で固定します。
 
 
②バッグ口をグルリと1周縫います。
 
 
バッグ口を縫いました。
 
 
③「裏袋布」の「返し口」から表に返します。
 
 
④バッグ口の形を整えます。
見返し側は1〜2㎜控えると綺麗に仕立てられます。アイロンでしっかりと押さえます。
 
 
⑤バッグ口にステッチ(バッグ口から5㎜の所)をかけます。脇側からスタートするとステッチの継ぎ目が目立たず綺麗に仕立てられます。
 
 
片側の袋布口の始末ができました。
 
 
⑥同じように反対側の「袋布」も作ります。
 
 
⑦「裏袋布」の「返し口」を出来上がりにおりアイロンで押さえます。
 
 
⑧「返し口」にコバステッチ押さえをします。
コバステッチで「返し口」を閉じます。
 
 
⑨反対側も同じように閉じます。
 

9.裏中心バッグを作る
①「口布」のファスナー付け側を出来上がりに折り、アイロンで押さえます。
 
 
②「バッグ底」と「口布」を中表に合わせます。
 
 
③端から15㎜の所をミシンで縫います。
 
 
④縫い代を「バッグ底」側に倒しアイロンで押さえます。
 
 
⑤「バッグ底」側の縫い目のキワにコバステッチをかけます。
 
 
⑥反対側も同じ様に縫います。
 
 
⑦ ⑥で縫ったパーツ(バッグ底➕口布)と「中心バッグ」を中表に合わせ周囲をマチ針で止めます。
 
 
⑧「中心バッグ」の周囲を縫います。
この時、直線パーツ(口布、バッグ底)側から見てミシンをかけます。カーブに直接を合わせるイメージで縫うと綺麗に縫う事ができます。
 
 
「中心バッグ」の周囲を縫いました。
 
 
⑨反対側も同じように縫います。
 

10.表袋布と中心バッグを合体する
①「表バッグの中心袋布」に裏地で作った「中心バッグ」を外表に収納します。
※出来上がり位置に配置します。
 
 
②裏地側が表側に来るようにひっくり返します。
③「口布」をファスナー回りを5㎜控える様にマチ針で固定します。

 

 

④ファスナー回りに「しつけ縫い」をかけます。
 
●しつけ縫いとは?
「しつけ」とは本縫いをする前に、布同士がずれないように手縫いで仮止めを行う作業をいいます。
手縫いで行います。大きな針目で縫いとめます。

 

 

⑤「まつり」縫いでファスナー口の周囲を縫い閉じていきます。

 

 
⑥「まつり縫い」はファスナーの基布をすくい
少し先の裏地のキワに針を刺します。
ザクッと縫うのではなく、生地の織り糸をすくう感じで縫っていきます。

 

 
「まつり縫い」が目立たないような仕立て方ができます。周囲ぐるりと「まつり」ました。

 

 
⑦バッグ本体が完成しました。
トートバッグを作られている方はこの工程で完成となります!
 
 
11.ショルダーベルトを作る
①ナスカン2個、移動カン1個、PPテープを用意します。
 
 
②「ナスカン」にPPテープを通します。
 
 
③先を上の写真の様に折り返します。
 
 
④ダブルステッチ押さえをします。
丈夫に仕立てるために何度か返し縫いをして下さい。
 
 
⑤反対側のテープ端から「移動カン」を通します。
 
 
⑥もう一つの「ナスカン」にPPテープを通します。
 
 
⑦テープの先を移動カンの内側から通します。
 
 
⑧反対側の穴に通します。
 
 
⑨テープ先を折り返します。
 
 
⑩折り返した部分をステッチ押さえします。
丈夫に仕立てるために何度か返し縫いして下さい。
 
 
⑪ショルダーベルト完成です。
 
最後にバッグ本体に仕上げアイロンをして完成となります!
 


ぜひ、色々な生地で作って見て下さい!



 



 
 

 
 

 
 



 

 

MAMMY JEWEL BOX (Kaori Yamagishi)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス