ドット柄の生地でサンプルを作ってみました!
 
 
 
バインダー始末が苦手!と思っていらっしゃる方も多いと思い
とっても簡単で綺麗に縫える方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

↑表から見るとこんな感じで仕上がります。

 

 

 

もうご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが

このバインダー始末は色々なアイテムで応用できるので

ぜひこの方法も取り入れてみてください!

 

それではスタートです

 

1.身頃(裏)にバインダを上の写真の様に据えます。

※このとき重ね方を間違えないように気を付けて下さい。

 

2.出来上がり線を縫います。

 

バインダーを上側に倒すとこのように表側が見える状態になります。
 

 

 

 

3.上の写真の様に身頃を表に返します。
 
 
4.バインダー布の端を折り返します。
※バインダー幅の1/4の幅を折り返します。
 
5.身頃の衿ぐりに沿って、バインダー布をもう一折りします。
この時、1で縫ったミシンの縫い目を隠すように(かぶるように)
バインダーを折っていきます。
 
6.バインダーの際にステッチ押さえをします。
 
裏側から見るとこのようになって仕上がります。
 

 

 

 

リブを使わず、身頃と同じ生地を使ってくれるのも
この仕様の利点です。
ぜひ、この方法も取り入れてみてください!
 
 
今回作ったサンプルの型紙
袖にスリットが入った、可愛いTシャツ型紙はこちらからご利用頂けます。