この前、

近所のスーパーで

牛肉の「ハラミ」を

見つけたので

早速買ってきた。。。

 

最初、

なんだか脂がのってておいしそうだ。ラブ

(注:イタリアのお肉(特に牛肉)、脂の乗ったお肉って少ない。。)

 

と目に付いて、

この肉はなんだろう。。

とよく見ると、

Diaframmaとある。。

Diaframma(ディアフランマ)⇒横隔膜

横隔膜→ハラミ

 

ヨガの時間に

ディアフランマ(横隔膜)をリラックスして!

Cercate di rilassare il diaframma!

と先生が言ってるので、すぐにわかった。笑い泣き

(横隔膜をリラックスしろって。。。笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

うぉ~!!

ハラミだぁ~~~!!!!

 

と即ゲット。

 

1キロ当たり

10.90ユーロ(約1360円)のお値段。

 

ググってみたら

イタリアでは

あんまり喜ばれない

B級カテゴリーのお肉なんだそうな。。。汗

(ちなみにイタリア、ホルモンやレバーなどの臓物系はC級カテ)

 

たしかに横隔膜は臓物系のお肉だといわれているが・・

 

シンプルに切って

レアで焼いてたべようと

鉄板でささっと焼いて

食べたら・・・・・・

 

か、固い。。滝汗汗

 

ハラミって柔らかいのに。。

 

味は美味しいんだけど

とにかく固い。

 

レアで焼いたにも拘らず。。。汗

 

固い肉はあまり食べれない次女は

いつまででも噛んでた。笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

食べるの遅いから

もういらないんだとおもって

下げようとしたら

ダメ~!!

って言ってたので

味は気に入ったらしい。。。

 

横隔膜を包む

薄い皮膜はとってあったんだけど

ベロンとした

中途半端な厚さの塊で

薄切りにするにはちょっと難しかった・・。。

 

これをもっとうまく薄切りにできたら

美味しい焼肉ができるんだろうなあ。。

 

日本の焼き肉屋のハラミ、

なぜあんなに柔らかいんだろう。。

 

BBQで

強火で

ほぼあぶるだけのように

調理すれば柔らかいのだろうか。。。