昨日、サッカーの夜練のお迎えに行くと、浮かない顔でムスッとしてさっさと帰宅しようとする息子。
これは、また何かあったな、と思い、家に帰ってお風呂に入って落ち着いたところで聞いてみたところ、いつものいじめっ子に嫌なことをされたと告白。

そしてしばらくサッカーに行きたくないと。本人が行きたいと思うまでは、サッカーはお休みすることにしました。サッカーだけが居場所じゃないので、他の居場所を見つけるという選択肢もありますが、サッカーはやりたいという息子は正直ちょっとかわいそうだな~と思います。

いつも息子にちょっかいを出す子は、コーチの息子。そして周りの子たちも見て見ぬふり。ま、子どもの世界にもヒエラルキーというものがありますからね。

その子が軽い気持ちなのか、どんなつもりで息子に嫌がらせをするのかは分からないのですが、息子が傷ついていることは事実。今年は違うクラスになったので、ちょっかい出される回数は減って、平和な学校生活を送っているようですが、サッカーでは相変わらずです。

サッカーでもそこそこ勝ててるチームなのですが、こういう精神年齢が幼いチームは、優勝なんてできるわけないと思っています。

コーチに言うか言わないかは、ちょっと考えてからにします。
いずれお休みの期間が長くなったら、言うことになると思いますが、言うタイミングや言い方を間違えると、変なしこりを残すことになるので。

人間関係でうまくいかないということは、大人になってもあるもの。

こういう経験はないほうが良いに越したことはなく、ツライ経験だと思いますが、気持ちは受け止めてあげつつ、どうやって自分の気持ちを解消していくか(愚痴を言える家族・友達を作る、いっそのこと逃げてしまうもあり)を自分なりに見つけてほしいなとも思います。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ
AD