◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「優先順位を理解する」

心の扉メンタルカウンセリング横浜 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ

↑応援クリックお願いします。

 

 

みなさんは

「いい加減」という言葉を

どんなイメージで捉えていますか?

 

 

おそらく

いいイメージ持っている人は

少ないのではないでしょうか。

 

 

実際に

 

「あいつはいい加減な人間だ」

 

「こんないい加減な仕事しか

できない」

 

 

といった使われ方をすることが

ほとんどです。

 

 

一般的には

「中途半端」「手抜き」などと

同じ意味だと受け取られて

います。

 

 

しかし

その一方でこんな使い方をする

ことも思い出してください。

 

 

絶妙な(塩)加減な料理

ちょうどいい(湯)加減…

 

 

こちらは

ずいぶんニュアンスが違います。

 

 

このように

いい意味にも悪い意味にも

とらえる言葉ですが

 

 

私は「いい加減」を肯定的に

考えています。

 

 

たとえば

仕事するうえで自分の

「力量」を知っておくということは

極めて大切です。

 

 

しかし

案外それがわかっていない人が

多いというのが実情でしょう。

 

 

仕事のオファーがあれば

自分の力量と相談することなく

なんでも引き受けてしまったり

するものです。

 

 

しかし

人間は力量に見合ったことしか

できません。

 

 

仕事がそれを超えるものだった

場合には対応できずに

 

 

あるいは結果を出せずに

相手に多大な迷惑をかける

ことになります。

 

 

自分自身も

「できない」ことへのあせりや

苛立ち、悔しさや情けなさに

さいなまれるということに

なるのです。

 

 

そして

心に大きな負担がかかる

わけです。

 

 

そのようなことにならないための

カギが「いい加減」を知る

 

「いい加減」を心がけることです。

 

 

あなたに

「いい加減」をオススメします。

 

 

 

心理カウンセラー ブログラキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。

 

 

▶続きはインスタグラムをチェック!限定コンテンツも毎日更新中!

↓↓↓

心の扉 Instagram 公式アカウントはこち

 

   

 

 

あなたに合ったカウンセラーの選び方カウンセリングを受けてみましょうカウンセリングの方法・流れカウンセリングの料金・相場カウンセリングを初めて受ける方へお客様からよく頂くご質問(Q&A)ご質問・ご相談・ご予約は全国対応24時間OK