北海道遠征 ④ その②

テーマ:
雌阿寒岳温泉を出発して今夜のお宿へ向かいます。

今度はちょっと遠いです。

《テント泊ではないので夕方までに到着すればい》という余裕があります。

車を走らせ、観光しながら目的地に行ければいいねとドライブしていると

足寄町の道の駅がありました。

中に入ってみるとこんな方がいらっしゃるではありませんかっ!

この道の駅には

こんなコーナーがあって↑
こんな事をしちゃう方もいます。↓



千春さんが持っている大きなふきはラワンフキ。
水煮や煮物、他にもいろいろアレンジされている大きなふきです。
トトロのふきみたい
ここで牛乳とソフトクリームを食べて、また出発

次に寄ったのは

ここでお昼ご飯をいただきました。
よっちさんは豚丼定食。
私はよっちさんのを少し分けてもらって、このポテトがメイン(笑)

揚げたてホクホクで超美味しかった〜

さていよいよ目的地に本格的に向かいます(笑)

残念なことに雨は本降りになってきました。

こんな所の先に本当にお宿があるの?と心配になりながらも車を走らせて

十勝ダムでちょっと休憩

また車を走らせると

舗装されていない砂利道

こんな山奥に来る人いるの?と思っていたら

ジャーン

15:00  本日のお宿
トムラウシ温泉 東大雪荘に到着です
うわ!ホントに立派



本当に本当に山深いこんな場所にあるから
山小屋に毛が生えた程度のお宿だと思っていたよっちさん。

私はHPを見てたし、予約した時の対応をしてくださった方の雰囲気でだいたいわかっていたけど
思っていた以上の設備の整ったお宿でした。

お部屋は10畳以上の清潔感のある和室でした。
デラックスルームや相部屋、シングルルームなどお部屋の種類も豊富です。

温泉がこれまたとっても良かった〜〜
透明だけど、トロトロ
でも私は足が痒いので温まり過ぎないようにサッと入りましけど。

お食事の前にコインランドリーで4日分の服をお洗濯しました。
(これで家に帰っても洗濯地獄に陥らないですむのよ〜)

お食事は時間を選べたので6時からにしてもらいました

もはや山屋ではなくただの湯治にきた人↑


ここって本当に山奥?

いつもは食欲のない私も完食
とても美味しゅうございました


あれ?4座目のお山はどーするの?

実はこのお宿に辿り着くまでに2人で翌日の山行について話し合いながら来ました。
連続3日、羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳と登ってきてかなり疲れが出ていること。
最後のトムラウシ山はかなりのロングコース。
登り7時間、下り5:50

車で短縮コースの登山口まで行って1:40短縮したとしても登りCT5時間、下り4:20。

下山後、とかち帯広空港まで行かなくてはならない。
短縮コースなら行けないことはないよね?
寝たら疲れはある程度取れるし。。。

でも天気予報は雨←決め手となったのはこのお天気でした。

…ということで翌日は観光に切り替えて楽しむ事になったので心置きなく夜更かし出来ます

やっぱりよっちさんはお部屋に戻ったらすぐ
爆睡でした(笑)

私は忘れないうちにブログをカキカキ鉛筆

あー明日でいよいよ北海道ともサヨナラ
熊さんとは会わなくて良かった。
(ところが…)


続きます