おまたせしました!結婚教育オープンカレッジIN愛知をご案内いたします | 結婚をみんなで一緒に考えよう!学んでみよう!

結婚をみんなで一緒に考えよう!学んでみよう!

~結婚教育研究家棚橋美枝子がお届けする大切な結婚のお話~


テーマ:
結婚教育の棚橋美枝子です。


今日は結婚教育オープンカレッジIN愛知についてご案内させていただきます。



■なぜ、結婚教育なのか?
夫婦問題のご相談をお受けするようになって・・・


8年になりますが、そんな中で数人のご相談者が、こう言われました。


だって、学校で結婚なんて習ってない。
もし、習っていたら私はもっと夫婦がうまくできた!


皆さんは、この言葉を聞いてどう思われますか。
この夫婦問題に悩む女性の一言、これが私の結婚教育をスタートした理由です。


その当時、結婚生活について悩んでネット検索するようになってからでは遅い。それなら結婚相談所からスタートさせよう!と思い、


仲人さんの勉強会や交流会で、先輩仲人さんのお話をお聞きすると「どんなお相手がいいの?」そこから始められる方々が多いと知りました。


未だに学歴や現在の職業や年収に重きを置いて「良い会員」かそうでないかをジャッジされている風潮があることも知りました。


婚活の期間含めた青年期を婚育3期、交際から結婚までのパートナーと共に生きることを主眼に置く期間を婚育4期としています。


結婚関連の事業をされている方にはぜひお運びいただきたいとオススメしております。


夫婦問題のご相談、結婚のご相談など受けられる多くの方が、その柱に心理学、脳科学、占いをベースにされる方も多いようです。


結婚教育では

この4つの柱を基礎にしています。
その土台、根っこは、社会構造の中で結婚、親子、夫婦、家族をとらえているということです。


結婚相手を条件で絞れていたのは、年功序列、終身雇用制度が生きていた時代です。


多様な変化の時代だからこそ結婚をする人も、した人も、応援する人も結婚を学ぶことから始めていただきたいと考えました。


■どんな活動をしてきたのか
2013年からは・・・

婚活中の若者たちの声を聞き

大学生の声を聞き

結婚相談所で活動する方の声を聞き、

シングルウーマン&レディの声を聞き

35歳以上で初産だったママの声を聞き
行政の結婚応援事業にもお手伝いさせていただくなかでは、子どもさんの結婚に悩まれている方や結婚応援をしたい行政、市民の方と共に悩みつつ

そんな様々な経験と共に結婚教育基礎講座も2013年から大阪、奈良、京都、東京、神奈川、愛知、広島、福岡県で計54回開講し老若男女問わず多くの皆様に聴講していただきました。


今年の夏からは結婚教育オープンカレッジと名称を変えて開講をスタートし、多くの方と共に学び続けています。

結婚教育は「結婚について学ぶ、考える、気づくことを通し人生の再発見に挑戦する」と考えています。


■結婚教育を学ばれた方々のご感想
7月から結婚教育の専科の講座に参加

して下さった方々は、このように感想を寄せていただいています。

婚育1期の時にも強く感じましたが、1期ずつの内容の知識を多く得られるはもちろんですが、それだけでなくより考えさせられる内容でした。
今回、私が一番印象に残ったのは自分のアイデンティティについてです。

まだまだ自分のことを知るために学び続けて、受講者の方にもクライアント様にも自分のことを考え、振り返ってもらえるように投げかけていきたいと思います。
ありがとうございます。
4期の講座も楽しみです💕
(50代 女性)

ブリーゼブリーゼの婚育Labで3期の講座を受講してきました!

私自身、我が子が現在3期の時期でもあり、
下の子もこれから迎える時期。
学び、伝えたいと思い受講しました。

しかし!いざ受講してみると、
まずは『自分自身』を見つめることからなのだと思いました。『私とは何ぞや』ここは意識をしないと日々流されていくのだと感じました。
そして今まで流されていたと感じました。

なので、時には静かに、『私とはなんぞや』と
考えてみたいと思います。
(中略)
私の『使命とは?』ここを考えてやみません。ありがとうございました。
(30代 女性)

3期を学び改めて 
「結婚教育を学んでから子育てしたかったぁー」と思いました。

なぜならこの時期にはもう良きも悪しきももうでき上がっていることが多く、後天的に親が与えてきたものが多いと学んだからです。
私にはたくさん思い当たる節があります。しかし今からできることを結婚教育をもっともっと深めて子供達に大切な事を伝えていきたいと思いました。
(中略)
この3つの大切なことをPTAなどの講演会で伝えたいと思いました。
自分とはなんぞや?をみんなで考えるワークショップもしたいなぁーと思いました。

学んだ事を日常に生かせるのが嬉しいです。
(40代 女性)


などの感想は7月からの専科コースの中の第3期を受講して下さっている皆様の学びの振り返りから抜粋したものです。


結婚教育ってどんなもの?どんなことを伝えているの?興味はあるけど、知ってみたいけど、どうしようと思われる方のために開催しているのが結婚教育オープンカレッジです。


今回、11月20日には実質3回目となりますが、愛知県にて初開催となります。

■開催地である愛知はどんなところ?
愛知では、

今枝朱美結婚教育相談員がNPO法人日本結婚教育協会愛知支部支部長とし活動が広がっています。
結婚・夫婦を語ろう会を開催の模様です。


今枝さんは、結婚教育のみならず、面会交流支援をはじめとし多くの地域活動にも参加され、この面倒見の良さは愛知の良きお姉さん、お母さんとして結婚教育のお仲間だけではなく多くの方が信頼を寄せておられます。


私にとっても良き信頼おけるパートナーです。


日本性科学会員としても、昨年は学術集会にて症例研究発表をされ、今年の学術集会では座長もつとめられました。
今では多くのドクターや医療関係者の中でも信頼おける存在として活躍されています。


愛知の講座に参加されることはまちがいなく、コツコツ志しを形にするのはどういうことか。地域に根ざした安定的な活動はどんなことなのか。


これも体感していただけます。そしてそんなお付き合いをスタートしていただける第一歩となるのではないでしょうか。


■それでは
結婚教育オープンカレッジIN愛知の詳細です。


外部講師の先生は、東京のニッセイ基礎研究所から天野馨南子先生をお迎えします。



天野先生は、結婚応援に関して、またデータ活用について、幅広い知見での多方面からの物の見方考え方は、私にとって本当に沢山の学びと感動を与えて下さる方です。



現在、全国で多忙にご活躍でもあり且つ調査研究を精力的に進めておられる為に、面識のある方としかFacebookでもお付き合いにはなられません。



ぜひ、天野先生の多くの示唆をあなたのお仕事や活動、人生に活かしていただきたいと思います。


そして、私もたっぷりと結婚教育についてお話しさせていただきます!



結婚教育オープンカレッジを受講されることでプラスになると予測されることは

・人生を長いスパンで考えることができる
・結婚応援が主観的ではなくなる
・結婚相談所の特化したサービスが構築できる
・相談業の幅が広がる
・社会の流れが理解できる
・信頼のおける仲間ができる
・人脈が広がり、豊かになる
・何より自分再発見につながる

などあげてみましたが、ぜひあなたご自身で体感なさってみてください。

開催日時:2018年11月20日(火)

会場:丸の内駅アレックスビル

開場:午前10時〜
開講:10時30分〜16時30分

受講料:13,000円(税込、お弁当付き、テキスト代、会場費込)




ぜひあなたとお会いし、語り合えることを楽しみにしております。


もちろんオンラインでの受講も可能です。沢山の方のお申込みおまちしております。



































結婚教育研究家 棚橋美枝子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります