結婚教育無料通信講座について

テーマ:

結婚教育の棚橋美枝子です。


今まで何回かメルマガを配信してきましたが、思うように進まず断念をしていました。

 

 

書きたいことが絞れない、忙しい、などと理由はてんこ盛りなわけですが、自分の心の風向きが変わってきました。

 

 

やはり2012年から「結婚教育」と語っていますと、本気で色々応援したくなるのかもしれません。

 

 

講座にお運びにくい様々な皆様に向けて、自分が今まで結婚教育の基礎講座や各種講演会などにお招きいただきお話しをさせていただいたりした内容を配信させていただきたいと考えるようになりました。

 

 

結婚教育無料通信講座です。

 

 

そのアイデアを下さったのは、河村総研の河村操さん。

結婚を語ろう会ではファシリテーターを務めてくれています。

 

大森あゆみ女史とアラフォーママ・ネットワークでもご一緒してくださっています。

ありがたや( *´艸`)

 

 

そして、結婚教育カウンセラースクールで講師をしていただきました株式会社IVIA代表取締役杉浦央晃先生の講座でメルマガの重要性を感じ、先生のメルマガスタンドを使用させていただくこととなりました。

 

 

では、結婚教育無料通信講座では、どんなことを学べるのでしょうか

なぜ、今結婚教育なのか
結婚教育の4つの柱とは
結婚教育では様々な事実をこのように考える
ー浮気について
ーモラルハラスメントについて
ー配偶者の借金について
ー性格が合わない
ー性の問題はどうとらえるのか
ー嫁・姑について
ー親と子の抱える課題について
婚育100年プロジェクト®について
ー芽生えの時期
ー希望の時期
ー挑戦の時期
ーイメージの時期
ー原点の時期
ー変化の時期
ー成長の時期
ー新たな挑戦の時期
ー成熟の時期
フロー理論について
志を同じにした個別性と協調性について
ー組織とは
ーパートナーシップとは
ー仕事とは
―生きるとは
などなど
 

 

結婚教育のメソッドを惜しみなく、お伝えをしていきたいと考えております。
ぜひ多くの方の人生の身近なところに結婚教育を感じていただきたいと願っています。

 

 

今の日本は働き方改革やダイバーシティの重要性を語りながら、それと同時に未婚化、少子化対策ということから、結婚も妊娠も出産も子育てもがんばって!というような視線が若い世代に送られています。


行政が未婚化に「対策」とつけると自分が問題児になった気分になるというご意見もいただきました。
うまいことをおっしゃる。

 

 

おっしゃるとおりです。誰も国のために結婚をしたいわけではありません。自分が自分の人生のために結婚をしていくわけですよね。

 

 

また、社会全体を見た時に未婚者はこのように考えているのではないか?と
未婚の肩身の狭さがなくなる社会でないと、誰かと一緒に人生を過ごそうという前向きになれない気もするという貴重なご意見もいただきました。



私個人としては、結婚をしたくないならしなくていいし、離婚をしたいならされたらいいし、子どもを持つ持たないも個人の自由だと考えています。

 

 

しかし「ご自身の結婚に対しての考え方を社会に理由を見出して、のちのち後悔しないですか」と考えています。

 

 

女性に大変に多いご相談ですが、

□40代になる直前に結婚に焦る

□50代になる直前に出産しない選択を後悔する。

これは知るべき情報を入手できなかったことや、考えることを放置してきた結果です。

 

 

いえ、考えるというチャンスをきちんと提供しなかった大人たちの責任ともいえるのではないでしょうか。

 

 

結婚も離婚も妊娠・出産・子育ても個人の自由。してもしなくても良いのです。

しかし、40代前後、50代前後に心も身体も変化を起こすときになって結婚というものを良く考えなかったことを後悔していただきたくないと心から願っています。

 

 

人生の分岐点において、その都度その都度、自分の人生の方向性に後悔ないか?

よく考えてGOしているのか?その考える材料に結婚教育がなればいいなと考えています。


また、離婚の選択の時に、えーい!後は野となれ山となれ的な離婚になっていないでしょうか。

離婚を感情的にしてしまって後悔しておられないのでしょうか。
他の視点を入れたらもっと楽になるのではないでしょうか。

 

 

実際に各種講演会で、「離婚をする前に知っていたら( ;∀;)」という声をよくお聞きします。

それはなぜでしょうか。

結婚について学ぶということができなかったからです。

image

 

しなくて良い結婚も、する必要のない離婚もあるのです。

 

また、結婚したがらない我が子にどのように声をかけていいのかわからないと言われる親御さんも沢山おられます。なぜ声をかけることができないのか。かける言葉をもたないからです。

image
 

とりわけ、日本という国の中では、人生において無視することのできないひとつに「結婚」があります。

 

 

そうであるならば「結婚」という二文字を見ないふりをしないで、一度一緒に考えてみましょう!というご提案が、結婚教育です。


私は、あなたの先生ではありません。

あなたと共に、お互いのより良い人生のために一緒に感じ、学び、考え、人生を深めていきたい伴走者です。


結婚教育はライフスキルです。

みなさまの人生において、結婚を感じる、学ぶ、考える、そして人生を深める

そんな視点から一度結婚を考えていただいてはいかがでしょうか。


結婚教育無料通信講座はこちらです