辞めること | 花の調合師✴︎MAMI

花の調合師✴︎MAMI

花の調合師として、オリジナルのブレンドハーブティーを創作・販売しています。

世界でたった一つの自分の“今”を
旅をするように楽しみながら生きています

皆さんGW如何お過ごしですか?


前回さらっと
大風邪引いて軽い気管支炎になって
って書いたのですが
実は結構酷い状況が続いてました〜ショック



胃腸の激痛に
夜中は悶え、魘されっぱなし、、

咳が止まらなくて
寝不足・疲労蓄積、、

固形物がまともに食べれず
玄米クリームと梅醤番茶の日々が
一週間近く続きました

昨日久しぶりに
野菜や魚を食べることが出来て
「食べられるって幸せだなぁ」って心底思ったし
食べられない時のために誰かが作ってくれた
食べ物があることの有難さも身に染みたえーん



今回は漢方薬も服用し

「平成最後にデトックスしてるな〜」
ってお布団の中で思いながら

終わりの見えない体調不良に
ちょっとうんざりもしたり。。笑


5月に入り
身体の氣がガラっと変わったのを感じて

「そろそろ
ハーブティー飲んでも大丈夫そう」

前回紹介したハーブ達をブレンドし
飲み始めたら

咳も落ち着き
風邪もやっと終焉を迎え
昨日くらいからやっと!
いつもの日常を送れるようになって来ました
前にも書いたけどハーブは陰陽で言うと陰性寄り。
身体(臓器)が冷えている時は
ハーブの陰性で更に冷えてしまう為
食養などのお手当をおすすめします。




それでね
今回の体調不良の『根本的な原因』は
何だったのかと振り返ってわかったのは


茶会をするにあたって

頑張り過ぎたことでしたショック


体力的な事もあるけど
精神的な事とかマインドが大きい



初めての茶会開催だったから

告知・準備〜当日まで
一連の流れがどんなものか
自分が知っておきたくて

全てひとりでやった。


一人でやってみて良かったとも思っているし
一人でやったから自分のキャパを知れたとも
思ってる


けど、

その結果
今回の大風邪・気管支炎を引き起こしチーン


好きなことを全力でやりたいなら
自分の本音にもっともっと向き合うこと

辞めること・手離すことの探求

の必要性も同時に知りました。

楽しいこと・好きなことをやれるなら
全部やるやる!って思っちゃうタイプ
限界超えてやっちゃえるタイプだから特に。。


頑張ることを
随分辞めて来たと思っていたけど


新しい事を始めたことで

自分のクセや
握りしめていたモノ
違う角度から出逢った。


周りの人達を
『経営者』の基本として考えて
まだまだ
そこに自分を当てはめようとしていたし


好きな事を楽しくやりたいだけなのに
根っこでは
頑張って告知文を書かなきゃ」
頑張って準備しなきゃ」
って思いながら動いていた



誰かが

ハーブティーのこと・茶会のこと・私のこと

「ステキなんだよ!」
「おススメだよ!」

って紹介してくれる度に


あ!皆んなが応援してくれてるんだから
私も(頑張って)PRしなきゃ!」
(休んでる場合じゃ無い、みたいな)

って。。笑



受け取り方が中途半端で
全然
可愛くないし 美しくない



じゃあ
『中途半端じゃない受け取り方』って
どう言う事かなって考えたら

『何もしないこと』だった。




私の本質が活きるのは

好きなことを遊ぶように行うこと


子宮推命で言えば
遊び心と行動力の星しか持っていない。


言葉や頭でコレ↑をわかっていながら

いざココだけに全力を尽くすことが
出来ずに居たのは


何もしないで
好きな事だけしていたら
人に迷惑が掛かる


まだまだどこかで思っていたから。



人に迷惑をかける=嫌われる
ではなくて

人に迷惑をかける=悪い・申し訳ない
(罪悪感)
の方。



人よりはそう思ってない

好きなことをしてる


と思っていたけど、



人と比べてどうかじゃなく


私の『規格』において

それはどの程度だったのかという事が

大事なこと。



私の規格・基準では

まだ全然

『好きなことだけ』では成り立って無かった



円満でやって行く!って決めた時も
最初は生活費もまともに稼げず
祖父母に頼って生活していて
ちゃんと、しっかり『迷惑掛けて』いた。


ハーブティーで
生計が立てられるようになり始めて
祖父母を頼る事から卒業したら


迷惑掛けることは
“あの頃は”良かったけど
“今はもう”ダメ

“家族”には良いけど
“他人”にはダメ

ってジャッジしてた。



好きなこと云々の前に
生きている限り


迷惑掛けずに生きようなんて
傲慢過ぎるだろう




可愛くて美しい女性で在りたいから
(自分にとってハート


もうこの間違った傲慢を

辞める❤︎



稼げるようになっては来たものの

何だか思うように
それ以上自由に

“魂”が飛べない感覚がしたのは


合わないこと・苦手なことを

自分で、ひとりで
全部頑張ってやろうとして


重りを幾つも
縛り付けていたからだった



手伝いたいとか
やりたいとか

思ってくれる人が居たとしても

私が全部やっていたら
「あ、大丈夫なんですね」って
声掛けられないよね笑




極端だけど

私もう
出来るなら


創ったり
話したり


それだけ
していたい



私が好きなことを思い切りした結果

誰かがその体験を
「楽しかった!」って表現してくれた“言葉”を
ただ何もせず

頑張らずに受け取って

私が手離したい
『告知』だったり『説明』に
使わせてもらおうと思った


と決めた矢先に
かなこさんのブログがピンクハート


茶会後の変化やハーブとの時間

すごく嬉しいし
私も知れて面白かったキラキラ


自分の身体の声を聴きながら
自分で創るブレンドって
本当に美味しいんです

細胞に沁み入る。



ハーブって
“たかがハーブ”の認識かもしれないけど

本当に
自分の体や感情と向き合うことを
楽しくしてくれる素晴らしい存在です。


悲しみも憎しみも
全部「おもしろー!」に変わっちゃう笑


茶会の中で
ハーブティーを飲む行為が
何故神聖なのか

とお話しもしてますが

私たちの中に通う神様の路を
整えられる唯一の物が“植物”だから。





かなこさんの『ブラックホール』と
意味合いは異なるかもしれないけれど


私も子供の頃から

眠る前などの
「ひとり」に入る寸前に
良く見ていた世界があります


ずーっと言語化する事が出来ずにいたけど
映像で例えるならまさにコレ。





延々と真っ暗な世界が広がり続けていて
その中に自分がひとり浮遊している


私の手の中には白い球体のような
“何か”があって

それがどんどん大きくなって行って

浮遊している真っ暗な世界に
その“何か”が広がり続けて行くの。 


でも
真っ暗な世界も延々と広がり続けているから
私の手の中の“何か”も延々と広がり続ける。



つまり
終わりが無い




不思議なんだけど
私はこの世界に入る時

怖さとか不安とか悲しみとかは一切無くて

その球体の“何か”が広がって行く感覚が
(手に残るその感覚が脳に伝わって記憶してる)

自分だけの楽しさのようで面白かった。



当時は“何か”が
何かわからなかったけど


今思えば

感情や自分の世界観、

全ての『重り』を外して
浮遊している軽さや心地良さ

を指していたのかもしれないなと思う。


自分の世界や感情に終わりが無いって
すごく面白いよねキラキラ




いつかのブログで
こんなことを書いていました
↓↓
色んな話題がごちゃ混ぜになってて
長いブログだけど笑


ここが今回使いたかった部分


ピラミッド型の表現って
あまり好みではないけど

感情を知ることが土台
みたいなイメージで見るには適切だなぁと思う



自分の感情に出逢えるって
自分そのものに出逢うこと


それって
とても奇跡的で神秘的で

尽きぬ面白さを感じられる最高の遊び。



茶会のお土産でお渡しするハーブは
是非自分との
「遊びの時間」に使って下さいねピンク薔薇






体調崩した時にね


「好きな事(茶会)したいけど
また体調崩したら…怖いな」
(相当キツかったから笑)

って何度も思ったんです。


でも
『好きな事を辞める』選択ではなく
『好きな事を続けるため』を選択し


好きな事を続けたいから
苦手だった『人に頼む』をしたピンクハート

今度の浜松開催の茶会には
かなこさんにお手伝いをお願いしたよニコニコ
可愛いさと妖艶さを併せ持つ女史❤️


こんなこと頼むの悪いなぁ」
って少し思いながらも軽い気持ちで
お願い出来るか聞いてみたら

お互いにとって一番良い結果が生まれて。

「頼んで良かったなぁ」って思いましたほっこり



体調崩したことが

自分の仕事の仕方や
心地良さ・好きの基準を
見直す時間になって、


体も感情も
置き去りにせず

体と感情と魂と
足並を揃えて“わたし”を歩んで行こう

って再確認も出来ました



重りの外し方、まだ不慣れだけど
ちょっとずつラブラブ



【賢女の茶会】
浜松・福岡開催
詳細はこちら赤薔薇
↓↓↓