なえ ひゃんぎが に もめ べげ
나의 향기가 네 몸에 배게
ぼくの香りが君の体になじむように

きぶん ちょうん はるが どぇる す いっけ
기분 좋은 하루가 될 수 있게
気分のいい一日になるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



おどぅむる ふぁに ぱるきる す いっけ
어둠을 환히 밝힐 수 있게
暗闇を明るく照らせるように

もむぐぁ まうむっかじ ぽぐねじげ
몸과 마음까지 포근해지게
体と心まで暖かくなるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



さしる よじゅむ なるっしが
사실 요즘 날씨가
実は最近天気が

ちょぐむ っさるっされじょっそ
조금 쌀쌀해졌어
少し冷えてきた

あむり ぎょっぷちょ いぼど
아무리 겹쳐 입어도
どれだけ重ねて着ても

たっとぅってじじが あな
따뜻해지지가 않아
暖かくならないんだ



なえ そんちゃば じゅる ぬぐんが
나의 손잡아 줄 누군가
ぼくの手を取ってくれる誰か

でちぇ く さらみ ぬぐるっか
대체 그 사람이 누굴까
一体その人が誰なのか

ちゃっこ ちゃじゃたにょっぬんで
찾고 찾아다녔는데
探し回ったんだけど

いげ うぇんにりんじ
이게 웬일인지
これがどういうことか

ばろ よぺ いっそんね
바로 옆에 있었네
すぐ隣にいたね

Wo Wow



ちぐむ ばろ よっぺ いっそっぬんで もるらんね
지금 바로 옆에 있었는데 몰랐네
今まさに隣にいたのに気づかなかったよ

もるりそ ちゃっとん へんぼっ いじぇん まるまん へ た
멀리서 찾던 행복 이젠 말만 해 다
遠くから探してた幸せ これからは全部言葉にして 

OK

のらん じょんじぇ ね じょんじぇえ いゆ
너란 존재 내 존재의 이유
君という存在 ぼくの存在の理由

ねが むぉどぅん どるりょじゅるっけ
내가 뭐든 돌려줄게
ぼくがなんだって返してあげる

おじん のるる うぃへ For You
오직 너를 위해 For You
ただ君のために For You



いじぇん ぽだっぺじゅる ってが どぇっそ
이젠 보답해줄 때가 됐어
やっと恩返ししてあげる時になったよ

なん じょねじるじ もるぬん
난 전해질지 모르는
ぼくは伝わるかわからない

い のれえ まうむる たま
이 노래에 마음을 담아
この歌に気持ちを込める

なる はんぼん みどじゅご
날 한번 믿어주고
ぼくを一度信じてくれて

Stay With Me

びょんち あんけったぬん こまむ
변치 않겠다는 그맘
変わらないっていうその心

っくっかじ かっち かじゅぉ
끝까지 같이 가줘
最後まで一緒に歩んで欲しい



なえ ひゃんぎが に もめ べげ
나의 향기가 네 몸에 배게
ぼくの香りが君の体になじむように

きぶん ちょうん はるが どぇる す いっけ
기분 좋은 하루가 될 수 있게
気分のいい一日になるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



おどぅむる ふぁに ぱるきる す いっけ
어둠을 환히 밝힐 수 있게
暗闇を明るく照らせるように

もむぐぁ まうむっかじ ぽぐねじげ
몸과 마음까지 포근해지게
体と心まで暖かくなるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



のわ なえ けんどぅる いごん うり すけんどぅる
너와 나의 캔들 이건 우리 스캔들
君とぼくのキャンドル これはぼくたちのスキャンダル

いじぇ ほんじゃが あにん よぺん
이제 혼자가 아닌 옆엔
もう一人じゃない 隣には

さらんはぬん ぺんどぅる
사랑하는 팬들
愛してるファンたち

なぬん よじゅむ Trend ったらがじ あな
나는 요즘 Trend 따라가지 않아
ぼくは最近の Trend を追わないよ

なぬん おじん のまん ぼご ちっくじん
나는 오직 너만 보고 직진
ぼくはただ君だけを見て直進

ふぇじょん おむぬん へんどぅる
회전 없는 핸들
回転しないハンドル



OK ぱんぼっけ のる さらんはぬん まむる
OK 반복해 널 사랑하는 맘을
OK 繰り返す 君を愛する心を

じょなぬん ごる めいる ぱんぼっけ
전하는 걸 매일 반복해
伝えるのを毎日繰り返すよ

のる せんがっかみょん っとおるぬん
널 생각하면 떠오르는
君を考えれば思い浮かぶ

たの おじっ
단어 오직
単語はただ

love love love



おるまな うぇろうぉっぬんじ もるら
얼마나 외로웠는지 몰라
どれだけ寂しかったのかわからない

のが おむぬん しがん どんあん
너가 없는 시간 동안
君がいない時間の間

いるぶに いるりょん がったぬん まるどぅる
1분이 1년 같다는 말들
1分が1年みたいだなんて言葉

みっきじ あなっぬんで
믿기지 않았는데
信じられなかったのに



みどじどら いへがどら
믿어지더라 이해가더라
信じちゃうんだ わかっちゃうんだ

くぁじゃんはぬん げ あにら
과장하는 게 아니라
大げさに言ってるわけじゃなくて

くり ぬっきょじどら
그리 느껴지더라
そう感じだんだ

のむ ぽご しっぷとら
너무 보고 싶더라
すごく会いたいんだ



なえ ひゃんぎが に もめ べげ
나의 향기가 네 몸에 배게
ぼくの香りが君の体になじむように

きぶん ちょうん はるが どぇる す いっけ
기분 좋은 하루가 될 수 있게
気分のいい一日になるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



おどぅむる ふぁに ぱるきる す いっけ
어둠을 환히 밝힐 수 있게
暗闇を明るく照らせるように

もむぐぁ まうむっかじ ぽぐねじげ
몸과 마음까지 포근해지게
体と心まで暖かくなるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



ぱらめ ふんどぅるりょど
바람에 흔들려도
風に揺れても

っこじじ あんぬん ちょっぶり どぇじゅぉ
꺼지지 않는 촛불이 돼줘
消えないロウソクになってよ

けそっ びっちゅる ばるきる す いっけ
계속 빛을 밝힐 수 있게
ずっと光を照らせるように

ちぐむちょろむ まむる よろじゅぉ
지금처럼 맘을 열어줘
今みたいに心を開いてよ

さらんうる けそっ たむる す いっけ
사랑을 계속 담을 수 있게
愛を込め続けられるように



くでえ まみ びょなぎ じょね
그대의 맘이 변하기 전에
君の心が変わる前に

もんじょ ちゃじゃがりょ へ
먼저 찾아가려 해
先に君を探すよ

のど なわ かっとぅん まうみらみょん
너도 나와 같은 마음이라면
君もぼくと同じ気持ちなら

ちょっぶるる ぶるろじゅぉ
촛불을 불어줘
ロウソクを吹いて



なえ ひゃんぎが に もめ べげ
나의 향기가 네 몸에 배게
ぼくの香りが君の体になじむように

きぶん ちょうん はるが どぇる す いっけ
기분 좋은 하루가 될 수 있게
気分のいい一日になるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



おどぅむる ふぁに ぱるきる す いっけ
어둠을 환히 밝힐 수 있게
暗闇を明るく照らせるように

もむぐぁ まうむっかじ ぽぐねじげ
몸과 마음까지 포근해지게
体と心まで暖かくなるように

のわ なえ まうむる ごっぷけ たむん
너와 나의 마음을 곱게 담은
君とぼくの心を美しく込めた

いぇっぷん けんどぅるる ぴうぉぬぁじゅぉ
예쁜 캔들을 피워놔줘
キレイなキャンドルに火をつけてよ



作詞◼︎イデフィ, パクウジン
作曲◼︎イデフィ, DJ Juice
編曲◼︎DJ Juice, 9999