のえげ ねが じゅる す いんぬん げ おぷそ
너에게 내가 줄 수 있는 게 없어
ぼくは君にやってあげられることがないんだ

あじぐん ねが はる す いんぬん げ おぷそ
아직은 내가 할 수 있는 게 없어
まだぼくができることがない

こちゃんはん やっそっ もしんぬん まるど
거창한 약속 멋있는 말도
大げさな約束や素敵な言葉も

せんがぎ あん なご ぶでぃ もじあぬん みれえ
생각이 안 나고 부디 머지않은 미래에
思い浮かばないんだ どうか遠くない未来に



くにゃん ちゃれじゅるっけ のる じきょじゅるっけ
그냥 잘해줄게 널 지켜줄게
ただ尽くすよ 君を守ってあげる

ふるりん ぬんむるまんくむ うっけ へじゅるっけ
흘린 눈물만큼 웃게 해줄게
流した涙と同じだけ笑わせてあげる

ねが びょり どぇるけ のる びっちゅぉじゅるっけ
내가 별이 될게 널 비춰줄게
ぼくが星になるよ 君を照らしてあげる

きだりょじゅん まんくむ ぎょって いっそじゅるっけ
기다려준 만큼 곁에 있어줄게
待ってくれたのと同じだけそばにいるから



じちん はるるる ぼてぃご
지친 하루를 버티고
疲れた一日を耐えて

ちぶろ とらおぬん ぎる
집으로 돌아오는 길
家に帰る道

むんどっ くで せんがんなみょん
문득 그대 생각나면
ふと君の事を思い出したら

じょぬぁるる ごろ まるる へ
전화를 걸어 말을 해
電話をかけて話すよ

うり ちょうん なる かじょだじゅるっけ
우리 좋은 날 가져다줄게
ぼくらが幸せな日を君にあげるよ



せさんえ ね ぴょぬん のばっけ おぷそ
세상에 내 편은 너밖에 없어
世界にぼくの味方は君しかいないんだ

く せさんうる あんぎょじゅる じゃしに おぷそ
그 세상을 안겨줄 자신이 없어
その世界を抱いている自信がないんだ

とぅ そぬる ちゃっぷこ じきじ もったる
두 손을 잡고 지키지 못할
両手を繋いで守れない

たじみるじらど うり
다짐일지라도 우리
約束だとしてもぼくらは

もじあぬん みれえ
머지않은 미래에
遠くない未来へ



ねが ちゃれじゅるっけ のる じきょじゅるっけ
내가 잘해줄게 널 지켜줄게
ぼくが尽くすよ 君を守ってあげる

ふるりん ぬんむるまんくむ うっけ へじゅるっけ
흘린 눈물만큼 웃게 해줄게
流した涙と同じだけ笑わせてあげる

ねが びょり どぇるけ のる びっちゅぉじゅるっけ
내가 별이 될게 널 비춰줄게
ぼくが星になるよ 君を照らしてあげる

きだりょじゅん まんくむ ぎょって いっそじゅるっけ
기다려준 만큼 곁에 있어줄게
待ってくれたのと同じだけそばにいるから



い うぇてろうん ひょんしる そっ じきごぷん はん さらむ
이 위태로운 현실 속 지키고픈 한 사람
この危ない現実の中で守りたいただ一人

にが いっそ ねが さらよ
네가 있어 내가 살아요
君がいるからぼくが生きてるよ

い っくち おむぬん おどぅむ そっ びっち どぇお じゅん はん さらむ
이 끝이 없는 어둠 속 빛이 되어 준 한 사람
この果てしない闇の中 光になってくれたただ一人

しろぷし うんぬん なり おげっちょ
실없이 웃는 날이 오겠죠
くだらなく笑う日が来るだろうな



くにゃん ちゃれじゅるっけ のる じきょじゅるっけ
그냥 잘해줄게 널 지켜줄게
ただ尽くすよ 君を守ってあげる

ふるりん ぬんむるまんくむ うっけ へじゅるっけ
흘린 눈물만큼 웃게 해줄게
流した涙と同じだけ笑わせてあげる



へっさる ちょうん おぬ おふ
햇살 좋은 어느 오후
天気のいいある午後

もどぅん ごっする ねりょのっこ
모든 것을 내려놓고
全ての荷を下ろして

なるなん くなるる ぐりみょ
나른한 그날을 그리며
気だるいその日を描きながら



じちん はるるる ぼてぃご
지친 하루를 버티고
疲れた一日を耐えて

ちぶろ とらおぬん ぎる
집으로 돌아오는 길
家に帰る道

むんどっ くで せんがんなみょん
문득 그대 생각나면
ふと君の事を思い出したら

じょぬぁるる ごろ まるる へ
전화를 걸어 말을 해
電話をかけて話すよ

うり ちょうん なる かじょだじゅるっけ
우리 좋은 날 가져다줄게
ぼくらが幸せな日を君にあげるよ



作詞■B.I
作曲■B.I, カンウクジン, LIØN
編曲■LIØN, カンウクジン