テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2006年03月10日(金) 07時20分03秒

9時に寝るキマリ

9時に寝るキマリ

小学生アホチビんときの話やねんけどね、

うちには厳しいルールがいろいろあって、絶対に守らんとアカンかってん

ルールオカンが作るんやけど、それを破るとメチャ怒られよった…

その厳しいルールの一つやねんけどね…












『絶対に9時に寝んとアカン』

ってルールがあってん


(9時ってのは夜の9時のことでっせ♪)





















オカン早寝早起きの習慣をつけさせたかったんやろか…

まだ全然眠たくないのに、いっつも夜の9時になったら

オカン「寝る時間やで!」言うて、私は布団に追いやられよったんね…。

そりゃぁ小学生やし、あんま夜更かしはよくないんやろうけど、

当時の私はそのルールイヤでたまらんかってん!

だってね…












9時からのテレビ番組が


見たくてたまらんかってんょ!






















毎日学校に行ったら、友達9時から始まるテレビの話をするんよね。

ドラマだったり、バラエティだったり…

9時とかゴールデンタイムやん?そりゃぁオモロい番組がいろいろよ!

そんな中でも確か…恋愛もののドラマやったと思うんやけど、

友達の間で話が一番盛り上がっとって、それを私も見てみたかったんよ。

たぶんみんなはが好んで見よって、それと一緒に見よったんやろなぁ…。




私は9時に寝んとアカンかったからモチロン見たことがなかった…

お陰でテレビの話題になったら、いっつも一人取り残されてもぉとった…

話についていかれへんのがつらかったし、

みんながあまりにも楽しそうに話すもんやから

どうしても9時からのテレビが見たくてたまらんかってん!

そんなある日…












オカンが一人で実家に帰省して


テレビが見れるチャンスが来てん♪

キタ━ヽ(T∀T )ノ━!!!!

(9時からテレビが見れるチャンスに喜びまくるアホ)





















オトンも私が9時からのテレビを見たいと思うとったのを知っとったから、

その日だけは9時からのテレビを見るのを許してくれてん♪

しかもっ!ちょうど一番話題になっとる恋愛ドラマのある日ぃやってん!

今日は…今日だけは9時からのテレビが見れる!!

そう思うと朝からワクワクしてたまらんかったわ♪




そしていよいよ9時から話題の恋愛ドラマが始まった!

私はドラマストーリーも登場人物も全然分からんかったけど、

そんなのどうでもよかったんよ!!!!

翌日、友達「昨日、ドラマ見た?」って話になったら

私も「見たよ!」って言えること、それだけでよかったんよ♪(←アホ)

そしてオトンもその恋愛ドラマを見よったらしく、

オトン二人一緒に見よったら…



































濃厚なラブシーン


があって、かなり

気まずかった…

_| ̄|○
 (←オトンの顔が見れんかった)


ベッドシーンやったんやけど、当時小学生だった私にとっては

めちゃめちゃ刺激的やってんよ!!!!!(*´ii`*)(←鼻血出そうだった)

しかもオトンと一緒に見よったから、二人してごっつい気まずかったわ…

あまりの気まずさに、変に反応したり、オトンの顔を見たりできず、

そのまま二人で黙ってテレビの前で固まってもぉたなぁ…_| ̄|○

オカンが9時以降のテレビを見させてくれんかったのは

これが理由やったんかもしれんなぁ…
追記っ!(>Д<)ゝ”

もいっちょブログの
★ココロ開いたらアシも開くやろ、やっぱ★
もう更新したのじゃぁぁぁぁあああっ!
いいね!した人  |  コメント(72)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年11月25日(金) 07時00分03秒

私が初めて作った手料理♪


はじめての手料理

私が初めて作った手料理は、小学校1年生のときに、

ばあちゃんと一緒に作ったゆで卵だったわ。

(ノ´∀`*)アヘアヘ(←それ手料理って言うんか?)

あの、ばあちゃんと作ったゆで卵の思い出は今でもはっきりと覚えとる。

だってね・・・













私が生まれて初めて


手料理することになったのは

あまりにも突然だったもんっ!




















その日はちょうど今頃の季節やったと思うわ。

その日の夕方、にはばあちゃんしかおらんかった

ばあちゃん晩ごはんおでんを作ろうとしとった。




ばあちゃんは、先にゆで卵をゆでておいて、

その間にから大根白菜とってこようとしとったん

けども、ガスに火ぃのついたまま出かけるのは危ない・・・

ちょうどそのときに小学校1年生だった私が家に帰ってきた

そこで頼まれてん・・・














「今、お鍋に火ぃかけてるから


お湯が沸いて8分くらいしたら

火ぃ止めてな!」





















ばあちゃんは、私にゆで卵を作らせておいて、

その間にに行ってこようと思うとったんやろね。

お鍋にはたっぷりの水が入れてあって、

ガスのスイッチを入れたとこやったわ




けどね・・・自慢にもならんのやけど

当時の私料理と言うものを全くしたことがなかったどころか

お湯が沸くってことがどういうことかすら分かってへんかった・・・

そやからばあちゃんに、「お湯が沸くってどういうこと?」聞いてみてん。

そしたら・・・













「しばらくしたら


スズメの涙くらいの泡が出てくるよ。

それがお湯が沸いたってことなんよ」


私はソッコー質問した・・・











「なぁなぁ…


スズメの涙ってどんくらい?」

(゚Д゚;≡゚Д゚;)?

(↑スズメの涙とか見たことないから分からんアホ)

そしたらばあちゃんが・・・











スズメの涙って言うたら…う~ん…


まぁ、見よったら分かるよ!」

それだけ言うて、ばあちゃんは畑に行くために靴を履きだした…










「行かんといてぇ~っ!


     行かんといてぇ~っ!」

ε≡≡ヘ( TДT)ノ


(↑私を置いて畑に行こうとするばあちゃんにすがるセツコ風なアホ)






















当時の私にとっては全てがドキドキすぎのことやってんね。

ずっとオカンから「ガスの火ぃだけは危ないから

近寄ったり勝手に火ぃつけたらアカン!」って言われ続けとった。

それがあったから、お湯が沸くことすら分からんのに

ひとりぽっちで置いて行かれるのはメチャ心細かってん!




それに加えて・・・スズメの涙がどれくらいなんかマジで分からん!

スズメの涙くらいのって・・・どんくらいなん???

ε≡≡ヘ( TДT)ノ バァチャーーーーンッ!!!!

ばあちゃん「スズメの涙」って言うたはえぇけど

説明しづらかったんやろね・・・そりゃそうやわなぁ・・・

お陰で・・



























そうこうする間に


お湯が沸いて

結局ばあちゃんが

ゆで卵作った・・・

_| ̄|○ 
(←何も手料理してへんやん!)


私の初めての手料理は・・・このゆで卵だった・・・はず・・・

って、なんもしてへんまんま終わってもぉてんけども、

その日食べたおでんは特別な味がした気がしたなぁ・・・

「この卵、私がゆでてんで!」ってオカンに自慢げに言うとったし・・・

(ノ´∀`*)アヘアヘ(←昨日、一人でおでん作って食べたアホ)

記事修正しました(>Д<)ゝ”

私もやっぱおかしいよなぁ~とか思うててんけど、ばあちゃんに電話して
確認してみたら、やっぱり私のカン違いやったわぁぁああっ!
ご指摘してくださった、shimulark さん、nomys さん、ありがとう♪
(ノ´∀`*)アヘアヘ(←ばあちゃんは卵をお湯が沸いてから入れると思うとったアホ)
今日はみなさんのブログにボチボチペースで訪問させていただこうと
思います(>Д<)ゝ”なので申し訳ないのですが個別コメレス休みます
いいね!した人  |  コメント(54)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年11月06日(日) 12時40分03秒

学校の帰り道にあった、おっちゃんの柿の木


おっちゃんの柿の木

私の実家はありえへんほどの山奥で、小学校山奥にあって、

私は毎日、片道1時間かけて歩いて小学校に通っててん。

この距離、今思えばありえへんけど、そういう環境で育ったんで、

当時はそれが当たり前やってん。(ノ´∀`*)アヘアヘ (←ザ・田舎者)




けどね、学校で友達とめいっぱい遊んでから家に帰るもんやから、

帰りに1時間かけて歩いたら途中でお腹がすいてまぅんよね

そんなときは、帰り道の途中で、ちょぉっと寄り道しててん♪

あのね・・・














近所のおっちゃんとこの


柿の木から柿をとって

食べさせてもろぉててん♪

(ノ´∀`*)アヘアヘ

(↑買い食いじゃないよ!だって買ってへんもん!)





















これは田舎特有かなって思うんやわぁ・・・あたたかい近所づきあい

私が学校の帰りにおっちゃんとこのを食べるようになったのは、

おっちゃん「学校おつかれさま」言うて、柿を食べて帰ってえぇよって

言うてくれたのがきっかけやってん♪(ノ´∀`*)アヘアヘ(←公認柿泥棒)

毎日食べさせてもらいよるのに、お土産にたくさん柿をくれたりしよった




おっちゃん柿の木はね、近所の中でも一番大きくて立派やってん♪

秋になると、たくさんの柿の実がなって、その実の重みで枝が垂れて、

小学生の私でも手ぇが届く高さになってくれるもんやから、

おいしそうなの選んで勝手にとって食べよったわ(ノ´∀`*)アヘアヘ

1時間かけて下校する私にとっては、オアシスみたいなもんやったなぁ…




ある日、いつものように、おっちゃんの柿をもらおうと思うたら、

ちょうど、おっちゃんが柿の木にある柿をぜんぶ収穫しよった。

そうせんと熟しすぎて落ちてまぅか、カラスに食べられてまぅからね。

私はおっちゃんが柿の実を収穫しよるのを、手伝ってんけどね・・・














木のてっぺんにある柿だけは


1つだけ取らずに残してあってん


















私は、「おっちゃん、あれ1個忘れてるよ」言うてあげてんけどね、

おっちゃんは、教えてくれてんやわぁ・・・

『柿の実がたくさんなったのは、神様からのお恵みやから、

一番高いところにある柿の実は、その感謝の気持ちと、

来年もよろしくお願いしますの気持ちを込めて、残しておくんや。

柿の実をぜんぶ根こそぎとるような欲張りな根性はダメなんや。』
と。




このおっちゃんの一言が、とってもココロに響いて今でも忘れられん

柿の実がなっとったら、根こそぎ全部取りたくなるやろ、普通・・・。

だって、自分とこの柿の木やもんっ!1つ残らず収穫したいと思うやろ。

それが、全部独り占めしてしまうのではなく、神様にプレゼントするって言う

譲る気持ちが・・・当時の私にはビックリだったんやわぁ・・・。

そして・・・














この、ぜんぶ独り占めせずに


譲る気持ちを持つのって、

恋愛でも同じとこあるかも…




















好きな人がでけたら、なんだか欲張りになってしまいそうで・・・

相手に望むことがあれもこれも全部!ってな感じになりそうになる。

相手のことをひとり占めしたくなったりもする。

そういうとき、いつも、あのおっちゃん柿の木を思い出す。

「ぜんぶ欲しい!」て思うたときは必ず途中ではっとさせられる。




おっちゃん柿の木は、今でもたくさんのがなってるらしい・・・。

おっちゃんが今でも変わらず柿の実のおまじないをしよるからかなぁ…

今はもう、おっちゃんとこの柿を食べることもなくなったけどね、

あの頃、おっちゃんからステキなことを教えてもろぉたなぁって思う。




その柿の木のてっぺんに残された柿の実ひとつ・・・

学校の帰りに毎日じっと眺めながら

神様に届け~とか祈ってたのもえぇ思い出やね。(ノ´∀`*)アヘアヘ(←アホ)

その、てっぺんの柿の実来年の収穫をお願いされながら…





























結局、カラスに


食べられて

しまうんやけどね

ヽ(TДT )ノアゥア

(↑神様がいつか取りにくると信じとったアホ)


おっちゃんはカラスにあげるつもりもあったんかもしれんなぁ・・・

って、なんか今回はアホみたいにさぶくなってもぉた・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア

先日、実家から大量の柿が送られてきて、ふと思い出してん。

今年は柿が豊作だったらしく、私の実家の柿の木も大量に収穫できて、

かなり余りまくってもぉてるからって、ダンボール1箱送ってきたわ。

1人暮らしやのに、柿がダンボール1箱て・・・どうしたらえぇんやろ_| ̄|○

今回も個別コメレスお休みさしてもらいます(>Д<)ゝ”ゴメンナサィ


追記っ!(>Д<)ゝ”

メッセージ欄で読者の方に『コメント投稿ができない』と教えてもらいました。
以前にも同じようなことを他の方に1度言われたことがあるんですが、
私はIP拒否と言うものを一切してへんので、パソコンの環境によって
このスキンにコメント投稿することに何らかの問題があるように思います。
アメブロさんに問い合わせてみようと思いますので、できればPCのOSと、
ブラウザを教えていただきたいと思います。ごめんなさぃ・・・
お手数ですが、再度メッセージ欄からご連絡…お待ちしております…
また追記っ!(>Д<)ゝ”

Macや、古いブラウザでは、コメント欄の記入欄のサイズを変更すると
コメントでけへん場合があることを読者さんに教えてもろぉたんで、
もとに戻してみました!(>Д<)ゝ”
またコメントでけへんかったりしたら、教えていただければ幸いです…
いいね!した人  |  コメント(52)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年09月29日(木) 07時00分03秒

アホチビんときの、『ひざこぞうにすりキズ』ε≡≡ヘ( TДT)ノ イタイーーッ!!


ひざこぞうのすりキズ

この前、ひざこぞうバンソウコウ貼ってる小学生を見かけてん。

そういえば・・・私もチビんときは、アホみたいにはしゃいで転んで

ひざこぞうすりキズ作っとったなぁ・・・_| ̄|○




チビんときは、通信簿「注意力が足りません」書かれるくらい、

マジでよぉ転んどったわぁ・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア

学校の登下校のときだったり、友達と遊んどるときだったり…

自分でも信じられんくらい、すぐにコケててん!!!!!

そして・・・















ひざこぞうにすりキズ作るたびに、


走って帰ってオカンに報告しよった

ε≡≡ヘ( TДT)ノ オカンーッ!!イタイーーッ!!

(↑足めっちゃ痛いくせに、ダッシュで家に帰るアホ)




















オカン「ケガしたぁぁっ!ε≡≡ヘ( TДT)ノ」って泣きついたら、

「それはケガじゃなくて、キズって言うんや!ボケッ」て言われたなぁ…

そして、オカンはいつも私のひざこぞうバンソウコウを貼ってくれよった。

結構ハデに転んでもぉて、1枚のバンソウコウでは

足りんかったときもあったりしたけどね・・・

















バンソウコウ貼ったら


もう治った気分になっとったわぁ♪

ヽ(T∀T )ノワショーイ!!!!

(↑やっぱり単純&アホすぎ)






















チビんときは、ほんまにアホマックスやったんやろなぁ・・・

『バンソウコウは魔法の力がある』とかマジで思うとったし・・・(爆)

そやから、バンソウコウ貼ってもろぉたら、

またすぐに、外に遊びに行っとった・・・ε≡≡ヘ( T∀T)ノモヒョヒョヒョ♪

そんなアホなお陰で・・・

















すりキズを忘れてもぉてるから、


すぐにまた転んでもぉて、

重ねてすりキズ作ったり・・・

ε≡≡ヘ( TДT)ノ マタヤッテモターッ!!


(↑学習能力がゼロのアホ)























せっかくカサブタでけとったのに、上から擦りむいたりしよったわ。

それとか、右の膝が治ったときに、今度は左の膝を擦りむいたり…

そして、右も左も両方の膝にバンソウコウ貼っとったときもあったわ。

それでも、やっぱりバンソウコウ貼ったら治った気分になっとった(爆)




もう、あんな風に転んでひざこぞうすりキズ作らんようになった今

あの頃、アホみたいに転びまくっとったチビの自分が、

なぁんか好きやなぁって思うんやわぁ・・・♪(ノ´∀`*)アヘアヘ(←自画自賛)

転んだら、ひざこぞうすりキズが、それなりに痛かったやろうに

なんであんなにタフになれてんやろう・・・?

自分で言うのもアレやけど、あの頃の自分を尊敬してまぅ・・・だって…


























失恋のキズ


あんなにタフに

乗り越えれんし…

_| ̄|○ 
←失恋で、ココロはキズだらけ



あのチビんときみたいに、すぐに転んだりせんようになった分、

私は何かを失ってしまったんかもしれんね・・・

チビの時は、バンソウコウ1枚でひざこぞうのすりキズを

すぐに忘れることができたのに、

今は、新しい恋をしても、なかなか失恋のキズを忘れられんかったり…

そして、何回失恋しても、やっぱり失恋を繰り返してるし・・・_| ̄|○

恋愛にも、えぇバンソウコウあったらえぇのになぁ・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア
いいね!した人  |  コメント(87)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年06月14日(火) 07時59分02秒

アホで野蛮なチビマミ姉はっ!お父さんとのお風呂が大好きやってん♪

お父さんと一緒にお風呂♪


小さいときのこと書いてみますわぁぁぁああああっ!

野蛮アホチビ時代やったわけですけどもっ!

チビんときは、当たり前にそう決まっとったなぁ・・・










お父さん
と一緒にお風呂♪


(*´∀`*)アヘアヘ

(↑お風呂大好きな子ぉやったアホ)

















いっつもいっつも、仕事から帰ってくるお父さん待って

お風呂はお父さんと!って決まとったなぁ・・・♪

いっつも野蛮で遊びまくっとったから、

私は体じゅう泥んこまみれやってん(ノ´∀`*)アヘアヘ(←野蛮人)

そやから、お風呂入って最初にそのまんま湯船に入ることは

お父さん許さんかったわぁ(ノ´∀`*)アヘアヘ(←汚い子ぉ)

そして・・・










お父さんは 私が


チビやからって言うても

手加減してくれんかった

ヽ(´Д`;)ノアゥア(←常に鍛えられたチビマミ姉)

















洗ってくれるときも、シャンプーハットかぶった私の頭が

「本気で取れてまぅんやないか?」ヽ(´Д`;)ノアゥア

ってくらいグルングルン洗ってくれてん!




洗ってくれるときも、ナイロンの少しザラザラしたやつで

結構ゴシゴシこすって洗ってくれるもんやから、

あちこちめっちゃヒリヒリしとったなぁ・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア

けどねぇ、このを洗うのんが終わってからの・・・










お父さん
と一緒に湯船に


つかるんが大好きやった

(*´∀`*)アヘアヘアヘアヘアヘ

(↑グルングルンとゴシゴシから解放された喜びをかみしめるアホ)



















そして…お父さんと一緒に湯船つかったら必ず、

「ちゅぅちゅぅタコかいなぁ~」って呪文みたいなんを

20回言うまでは出たらアカンって決まっててんっ!

当時の私の家のお風呂は五右衛門風呂やったから、

お湯の温度もかなり熱かってん!ι(´Д`υ)アツィー




けどなぁっ!お父さんはそこでも手加減ゼロやってん!

私が熱くてたまらんでおるのに、

『まだ「ちゅぅちゅぅタコかいなぁ~」が20回言えてへん!』

そう言うて湯船から出させてもらえんかってん!

ヽ(´Д`;)ノアゥア(←当時、数を数えるのもでけんかったアホ)




そんな手加減ゼロお父さんとのお風呂で、

「こんだけ手加減されんのやったら、私もっ!」

って思うたことあってんやわぁ…ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

そう、小さな小さな反抗心ってやつやろかぁ・・・

私やってチビやったけど、チビなりにいっつもいっつも、

湯船つかったときお父さんに言うてやりたかったから、

私もチビの勇気出して手加減ナシで言うたったわぁぁあっ!














お父さんの


変な棒を見て…



















お父さんっ!


湯船ん中にウ○コ

したらダメやんっ!

ウワァァヽ(`Д´)ノァァン!

(↑手加減ゼロで戦ったチビアホ野蛮人)



これ、チビのとき湯船につかるたびにいっつも思うとってんっ!

お父さん、いっつもウ○コしてもぉて垂れ下がってるなぁって・・・

それが気になったから、思わず力いっぱいつかんで

グイィィィッって引っ張ってもぉた…ヽ(´Д`;)ノアゥア(←苦しむ父)

今週末、『父の日』ですね♪お父さん、いつもありがとぉ…♪

今日は鈍足ペースで訪問さしてもらいますっ♪ε≡≡ヘ( T∀T)ノ
なので個別コメレスお休みさしてもらいますわぁ(>Д<)ゝ”スマソ

いいね!した人  |  コメント(94)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年04月20日(水) 13時10分02秒

野蛮でアホなチビマミ姉はヤッてみたかったんやわぁっ!

 

チビな私はヤッてみたんやわぁっ!


今回はっ私の幼少時代の話をイキまっせぇ~♪

って今回はちょぉっと下品やから気ぃつけてやぁ・・・

幼少時代の頃の話は自分でなんとなく記憶があったり

オカンから後でいろいろ教えてもろぉたりして

いろいろ覚えてんねんけどっ♪

大自然あふれかえる田舎で育った私は、一言で言えば…
























かなり野蛮的で

かなりアホでしたっ♪

(ノ´∀`*)アヘアヘ (←今でも『アホ』やんっ)



















オカンから聞いてんけど、

私は、かなり周りの人の様子をうかがって

いろいろマネっこしてみるんが好きやったらすぃ…

(ノ´∀`*)アヘアヘ (←この時点からネタパクリ好きやった)

そんな私が興味を持ったものの一つが…






















お父さんのしよる

立っション!!!

(そう・・・いわゆる『立小便』ですわぁ・・・)























トイレ立って用を足すお父さん・・・

山ん中とか人のおらんとことかでも立ッションしとったお父さん・・・

そんな『立っション』しよるお父さんの姿見て

自分がとかなんとかそんなことすら

考える頭のないアホな私は、

ただひたすらお父さんがしよる『立っション』

憧れまくっとってんやぁ・・・(ノ´∀`*)アヘアヘ(←しっかり観察した)

そんなアホな私は・・・・
























自分もしてみたいって

オカンに言うてんっ!

ヽ(`Д´)ノウワァァァン (←かなり必死)






















最初は 「あんた何考えとるんっ!アカンっ!」

って頭ごなしに言われてもぉて、

なんでアカンのんか分からんかった私は

しつこくオカンに言い続けてん。

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!(←しつこい)





そしたらオカンもあきれてもぉて、

「ほな、やってみぃやぁ」言うてくれてんっ♪

ヽ(T∀T )ノワッショーイ!!!! (←アホすぎ)

でっ!さっそくトイレオカン同伴ヤッてみたら・・・























当たり前やけど

大失敗してもぉた…

(TдT)アゥアゥ (←なんで失敗したか分からん)





















足元まで下げたパンツズボン

もうズバリびしょ濡れなってもぉた・・・・_| ̄|○

なんでうまくでけへんのん?(゚Д゚;≡゚Д゚;)?

かなり疑問やってんけどっ、

なんか悔しかったけどっ、

お父さんと自分はなんか違うんかなぁって

アホなりになんとなく分かった気がしてん。

なんせ・・・・






























指でつまむとこ


なかったから

必死でおへそ

つまんどったし

_| ̄|○ ←オカンに爆笑された


って実は、この『違い』に気付くまで

しばぁぁぁらく『立っション』の練習しまくっとったらすぃ…

オカン・・・アホでごめんょ・・・(TдT)

お陰でかなり勉強なったわぁ・・・・(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

いいね!した人  |  コメント(189)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年03月26日(土) 12時10分02秒

幼稚園時代のマミ姉はイタイ・゚・(ノД`)ヽ(゚ω゚=)モニュニュ

 
今回は、私の幼稚園時代の話をイキまっせぇ~♪

私ときたら、かなり頭の痛い子ぉでしたわぁ…

私の両親は、あまりあれこれと言う人やなかったから

もぉ自由奔放に、そしてかなり野蛮的に育ちましたわぁ。

そんな私は小さいころずっと…































ずっとテレビに向かって

おしゃべりしとったし…

(ノ´∀`*)アノネ、アノネ…

(これ、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんけど…)




























テレビは本気で箱の中に人がおるって信じとってん…

で、いっつも話しかけてきてくれるから

意味全然分かってなくても

ひたすら自分からも意味不明なことを話しかけとってん…_| ̄|○

それが…






























テレビがついとっても

消えとっても・・・

(ノ´∀`*)アヘアヘ…アノネ…

これはあとで親に教えてもろぉてかなりショックやったなぁ…

話しかけよる途中でテレビつけても消しても分かってへんかったらすぃ…












































そしてついでに、もいっちょやねんけど

当時、私のオトン

お気に入りでいっつも持ち歩いとった

ラジオ初めて聴かせてもろぉたときは































ビビってもぉて号泣した…

(TдT)コレハチガウ…アゥアゥ…

これもあとで聞いた話やってんけど、どうやらラジオは

人が見えへんのに話しかけてきたからダメやったらすぃ…(←アホ)
 






























あとねぇ、高校卒業して引越しするときに

自分で今までの荷物を整理しとったら

私が幼稚園のときお誕生会にもらった

『おたんじょうびカード』っていうのを発見してん。

カードって言うてもその端に折り紙を輪っかにしたのをつなげて

首からかけれるようになってるんやけど…(伝わるやろうかぁ)









そのカードの裏に、「身長」、「体重」とか

「好きな食べ物」、「大きくなったらなりたいもの」

などなど…書かれてあってん。(もちろん全部ひらがな書きでっせ)

どうやら当時の私は、普通に字が書けへんかったらしく

幼稚園の先生が代わりに書いてくれたみたいやねんけど…(←やっぱアホ)








その『おたんじょうびカード』見て分かってんけど、

こんな私ですけど、幼稚園のときはそれなりに

大きくなったらなりたいものって言うて

ちゃんと『夢』があったらすぃわぁ・・・

私が幼稚園のときに大きくなったらなりたいて思うとったもの…

















































































































『いちご』って

書かれとった…



_| ̄|○ そっか…いちごになりたかってんや…




かなり痛いっ!意味不明すぎて自分でも説明でけへんわぁ

しかも「好きな食べ物」 は 『くだもの』って書かれとったし…(大謎)

きっと幼稚園の先生もかなり困ったやろうなぁ…ゴメンナサィ

残念やけど、いちごには、なれんかったなぁ…どんまいっ…私っ…
_____________________________
ちょぉっと大変申し訳ないんですけど、今回も個別コメレス
お休みさせていただきます・・・・(TдT)ゴメンナサィ 
いいね!した人  |  コメント(87)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年03月03日(木) 10時40分02秒

お雛さんの日やわぁぁぁああ!のマミ姉幼少時代

 
今日は桃の節句のひな祭りですねぇ(ノ´∀`*)アヘアヘ

今日は、ひなあられでも買って、

白酒でも飲んでみようかなぁ…(←さぶっ)

どうせ家で一人で過ごすしなぁ・・・(←いつもやんっ!)







この歳になると、ひな祭りという

女の子のイベントをスルーしてしまいがちですわぁ・・・

なので、今回は私の小さいころのひな祭りの話をイキまっせぇええっ!!!!!

小さいころの私って・・・


























異常なまでに

お雛さんが好きやってん


(*´д`*)ハァハァハァアハァ

(なんで萌えてんねんっ!!!!)




















うちには、古っるいお雛さんがあってん。

7段飾りお雛さんやってんけど、

毎年、2月半ばくらいになると…





















お雛さん飾ろうやぁあっ!

ウワァァァンヽ(`Д´)ノ

(これなぁ…かなりしつこかったでぇ…)

























1年に1回だけ飾れるお雛さん

毎年箱の中から出して、白い薄い紙に包まれた

あのお雛さんを出す瞬間が何よりも楽しみやってん♪

私には4つ年下の妹おんねんけど、

も途中からお雛さん飾りに参加してきたわぁ。

そしたら…



























なぜか妹にジェラスィ…

ウワァァァンヽ(`Д´)ノ←独り占めしたい



その意味不明のじぇらすぃーのせいで…






































お雛さんの取り合いで

ケンカになって

首が折れてもぉたり…

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル




















そんなこんなしながらもっ

なんとか飾ったお雛さんっ

あんまりにも好きすぎて・・・
































寝るも食べるもお雛さん

と一緒って決めとった…

座敷でしばらく一人で生活してましたゎぁ(ノ´∀`*)←アホ
































そんなお雛さんも今日この3月3日

いっちばん盛り上がるっ!!!

お雛さんの結婚式は今日なんやわぁぁぁあああぁあああっ!!!

ヽ(T∀T )ノワッショーイ!!!! (←異常な盛り上がり)

ってあんまりにもお雛さんが好きやったから・・・


























































































































毎年お雛さんは

5月の節句まで

飾っとってん…



_| ̄|○これがアカンかってんやろかぁ…


そういえば、友達から「まだあるん?」ってツッコまれまくったなぁ…

(あかん・・・今回はさっぶい・・・私、ほんまにさっぶい・・・_| ̄|○ )
いいね!した人  |  コメント(106)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2005年01月23日(日) 09時19分19秒

忘れられない『ある言葉』

 
あれは私が小学生の頃やったと思う。

いつも欠かさず見ていたあるバラエティ番組があった。

その番組、ほんまに好きやった。

それには、好きなタレントさんが出てたんやけど、

そのタレントさんがその番組でよく言うとった…



























『ある言葉』が

かなり気に入っとった





















その『ある言葉』、はじめて聞いたときから、

なぜか速攻気に入った。かなりのラブな『言葉』やった。

その『ある言葉』っていうの、めちゃ深い意味あってんけど

小学生やった私は、そこまで理解できるはずもなかった。

でもでも、なぜか気に入っとった。








マイブームになったら、とことんの私は、

なんとなく、どこにイッても、

に向かっても、その言葉を言うとった。

そしたら、私の言うた言葉を聞いた

ある一人のおばちゃんから・・・


































「すごいなぁ!

そんな言葉を

知ってるんやねぇ~」

ってほめられた(ノ´∀`*)
























ほめられてうれしかった私は、

その後も、その言葉を発し続けとった。

その言葉意味理解でけてへんままやったけど、

ますますその言葉が好きになってん。

そんな『ある言葉』が・・・






























現在の私にとって、

永遠の課題と

なろうとしている
























小学生時代に知ったこの『ある言葉』が、

今、現在まで私のココロの中で生き続けている奇跡

もしかしたら永遠に考え続けるかもしれん。

その『ある言葉』意味が、ちゃぁんと理解できた今、

その言葉をどう、自分なりに解決できるか

必死で考えている。



























そんな言葉と出会えた

私はシアワセです




















今までずっと欠かすことなく考え続けてきたが、

これはちょっと、ハッキリとした解決策が見つかるのには

まだまだ時間がかかりそうな気がする。

でも、その『ある言葉』を教えてくれた

当時のタレントさんには、ココロから感謝している。

なぜなら、その言葉が今の私には痛いほど分かるからっ!

その『ある言葉』とは・・・





































































































オナラじゃないのょ

オナラじゃないのょ

ただ空気が

入ったダケなのょ

(byオナラジャ ナイノヨこと石橋貴明/とんねるず)





_| ̄|○

いったい、いつになったら、鳴らなくできるんやろぉ・・・
 

 
いいね!した人  |  コメント(84)  |  リブログ(0)
テーマ:★幼少アホチビ野蛮時代の記憶
2004年12月13日(月) 10時32分40秒

両親のセクース見てしもたあの日

あのねぇ、思うんですけどねぇ、

みんな、いつから、そしてどうやって

セクースのヤリ方を知っていくんでしょうねぇ?


それこそ、思春期に雑誌、ビデオ、エロ画像等の資料(?)から学ぶとか、

初めてセクースする相手に教えてもらったりとか…?




地球上に存在する、ありとあらゆる生物の中で、

一番、本能が衰退し、誰かに教えてもらわないと

セクースの仕方も、子供の育て方も

分からなくなってしまった私たち人類。




唯一、セクースにおいては、

そのヤリ方を両親から教わったりしないでしょう?


セクースの仕方は、自分を製造・出荷した両親に

教わるのが一番手ごろだというのに…




あれは、私が幼稚園の時でしたねぇ。

当時の私は、今では想像できんくらい内気な子でしたよぉ。

うちは、どちらかと言えば貧乏な家だったので、

狭い家に、家族みんながギュウギュウ詰めで生活しとったんですゎぁ。




自分の部屋なんてもの、ありませんでしたし、

寝るのも両親と同じ部屋だったんですけど、

私は、親がどっかからもらってきた2段ベッドの上側でで寝てまして、

そのベッドの隣に布団しいて両親が寝てましたね。





ある日ねぇ、夜中に目が覚めたんですよぉ。
























母のあえぎ声で…!!

(゚Д゚;≡゚Д゚;)?











っていうか、私とて幼稚園児。

それが母の喘ぎ声だなんて分かるわけもなく、

最初は、野良ネコでも鳴いてるんかなぁ~思てて、

あまりにうるさかったもんやから、

二段ベッドの上から、下を見回してみたんですよぉ。















おとんが裸で

おかんの上に乗っとるっ!?

|ω・) ???????














半分くらいは寝ぼけてたのもあって、

ボーッとしばらくそれを見てましたねぇ~。

理解できん光景を目の当たりにしてるわけですけども…





寝室は、私が夜中にトイレに行くときに、

ハシゴから落ちないようにと、

常に豆電球がつけられていたんですけど、

その豆電球の明かりのお陰で、

なんともいやらしい父と母の姿がよく見える。






母もよく見たらやったゎ。

母の上に父が乗っかって、

最初は布団をかぶせてヤッてたんやろうけど、

その激しさで、布団なんて横に寄せられてて、

それを上から見てるわけですよぉ。







父も母も、気持ちよかったんでしょうねぇ…



母「あぁ…うん・・・・はぁ…  あんっ・・・」

父 「 (*´д`*)ハァハァハァアハァ 」



正常位で、激しく腰を振る父。

それに合わせて母の息遣いが荒々しい。

母もかなり濡れてたみたいで、

「クチュクチュ」といういやらしいサウンドまで聞こえてくる。






もぉ、何がなんだかサッパリ分からんかったですゎっ( ・ω・)モニュ?



あのねぇ、両親がヤッってるの見たことある人って、

他にもいっぱいおるんやろうけど、

こういうときって、みんなどうしたんでしょうねぇ?

私の場合は、黙って見ているだけしかできませんでしたねぇ…







でね、父が体位を変えようとして

ゴソゴソと動いてたときにね、

見えてしまったんですよぉ…












父のイキリ立った

黒い変な棒っ!

|゚Д゚;)!!!!!













黒い、長い、真っ直ぐなモノが、

母のお腹の上くらいにブラ~ンとたれていて、

それ、見えてしまったときに、

なんでか分からんのやけど、

私、とっさに叫んでしまったんですよぉ…


















「父ちゃん、

 母ちゃんに

ウンコしたらあかん!」 

     >(゚Д゚;)!!!









いや、それはウンコやないんやけど…Σ(゚∀゚;)

叫んだ私の声を聞いて、父も母も

首がムチウチになるんやないかと思うくらいに

速攻、こっちに振り向きまして…





その声に、イッキにビビりまくる私の父と母。

そりゃ、ビックリでしょうねぇ…

娘にヤッってるトコ、見られてしまったわけですし…









アワワ((((゚д゚;)))(((;゚д゚)))アワワ









完全に動揺する父、そこに母が慌てて言ったんですわぁ…












母「いいから寝なさいっ!」(#`Д´)ノ!!










それ聞いて、私はビックリですよぉ(゚Д゚ )!!!

父と母がやってたことも、

なんで母に怒鳴られたのかも、

サッパリわけ分からんかったけど、

何か見たらあかんもの見てしまったってことは

弱いオツムででも分かって、

速攻、ベッドから乗り出していた身をすくめ、

布団の中にもぐりこみましたねぇ…






布団の中にもぐりっぱなしの私は、

 もぉ、母ちゃんは、父ちゃんのウンコまみれになっとるわぁ~(゚Д゚;)

とか、

 明日、起きたらメチャメチャ怒られるんかもしれんわぁ~ Σ(´Д`lll)

とかほんまにいろいろ考えてて、

その間も、しばらくずっと母のうなるような声と、

父の(*´д`*)ハァハァハァアハァって息遣いも、

「クチュクチュ」ってサウンドも聞こえ続けてたんですけど(続行したんかいっ!)、

最後に、母が「イクーーーっ!」と叫んだ後に、

父も果てたのか、

その後は急に静かになりまして、

「あぁ、母ちゃんもウンコしたくなって、トイレにイッたんやろかぁ?」

と思った私は、なんとなく安心(?)して

そのまま眠りにつきましたねぇ。






次の日の朝、昨夜の記憶が鮮明に残っていた私は、

ビクビクしながら起きだして、

朝ごはん食べるときもうつむいたままだったんやけど、

何も無かったように普通に振舞う父と母

それがあまりにも普通すぎたので、

「昨日の夜、何やっとったんー?」の一言が聞けずに

そのまんま幼稚園に行きましたわぁ。





幼稚園の友達や先生に、

昨夜の父と母の行動を話してみようかとも思ったのですが

なぁ~んとなく聞いたらいけないような気がして聞けず。




メチャメチャ気になってしょうがないのに、

内気だったのもあって誰にも聞けなくて言えなくて、

ずっと一人で父はなんで母にウンコしよったんか?という疑問を抱えて

もぉ、何日も何週間も悩み続けましたねぇ~??( ´Д`)??

両親に何かうしろめたい気持ちを感じながら数ヶ月という時間が流れたときに



















妹ができましたわぁ

Σ(゚*゚;) !!

(デキたんかいっ!)
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

AD

Powered by NINJA TOOLS
アホでもえぇやん♪部の
活動やコミュニティは↓この
アホ部グルっぽへ♪

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。