2018年6月11日に、茨城県水戸市赤塚に開院しました『まみ皮膚科クリニック』です。


昨日の休診日は、新しいお化粧品のセミナーがあり、品川に行って来ましたニコニコ


セミナー数時間のために平日に東京へ行くか迷いましたが、今回のお化粧品は、今話題の幹細胞を使用した高機能化粧品キラキラ

もちろん、医療機関でしか販売、使用できない物です。

セミナーの内容を聞いたら、もはや化粧品というより薬と言って良いのではないか?と思うくらい、素晴らしい成分・効果でした。


CALECIM(カレシム)』というお化粧品で、シンガポールやアメリカではとても売れているそうですが、日本ではまだ数ヶ所のクリニックでしか扱っておらず、

今回のセミナーも、わずか6ヶ所のクリニックだけが招待され(まみクリニック以外は都内の有名なクリニックばかりで恐縮してしまいましたアセアセ)、その1つに選んでいただいたので、これは絶対行かなくては、という事で行って来ました。


このピンク色の液体の中には、80%という高濃度の幹細胞培養液が入っていて、そこに含まれる豊富なサイトカインが皮膚の再生を促します。

幹細胞は、皮膚科では褥瘡(床擦れ)や難治性皮膚潰瘍の治療にも使われていますが、美容皮膚科では肌質改善小じわ毛穴ニキビ跡などに効果を発揮します。


貴重な成分の品質を守るため、1つ1つ、真空パッケージされています。

普段の美容液として使用しても良いですが、ダーマペンやエレクトロポレーションで導入すると更に効果が良いと思います。

実際に開発されたシンガポールのドクターや、日本で初めて導入された今泉スキンクリニックの今泉先生からお話を伺い、とても勉強になりました。

帰りの電車の時間があり最後までは参加できませんでしたが、貴重な機会を与えていただいた事を有り難く思いました。



こちらは少し前に参加したナビジョンのセミナーの様子です。


ドリンクがナビジョンカラーでオシャレでしたブルーハーツ


この時も、クマに効く『フォーカスアイプログラム』を開発された方の熱いお話を伺い、更に理解が深まりました。何でも、説明や本を読むだけでなく、直接お話を伺う事の大切さを感じました。


昨日学んだ事を整理して、幹細胞コスメ『CALECIM(カレシム)』を組み込んだメニューを考えたいと思います。