2018年6月11日に、茨城県水戸市赤塚に開院しました『まみ皮膚科クリニック』です。


今週末は、ヒアルロン酸のセミナーに行って来ました。

場所は銀座の『ケイスキンクリニック』


とてもオシャレで素敵なクリニックでしたキラキラ

こちらの院長の慶田朋子先生は、雑誌やテレビで毎週お見かけするような著名な先生で、ヒアルロン酸注入の第一人者です。

少人数のセミナーで、効果的な注入方法を詳しく教えていただき、とても有意義でした。


ヒアルロン酸というと、『パンパンになる』や『顔が変わる』や『整形ではないか』など、ネガティブなイメージを持っている方もおられまますが、正しくない情報でそんなイメージを持ってしまうのはとても勿体ないと思いますアセアセ

正確に言えば、ヒアルロン酸を入れ過ぎれば確かにパンパンになり、顔が変わる事もありますタラー

ですが、効果的な場所に適切な量を注入すれば、パンパンにもならず、顔も変わらず、整形どころか極自然にたるみやシワを改善する事ができますキラキラ


私がヒアルロン酸注入を始めた約10年前は、ほうれい線が気になる場合は、ほうれい線に直接ヒアルロン酸を注入し、シワを消していました。

今でもその方法を使う事もありますが、今の主流は、なぜほうれい線が深くなったのか、なぜ頬が下がって見えるのか、その根本を改善する『ビスタシェイプ』『トゥルーリフト』といった、ヒアルロン酸でお顔をリフトアップする方法です。

ヒアルロン酸注入も日々進化していますし、医師によって注入の方法やコツも違うので、定期的にセミナーを受けて、自分の知識や技術をブラッシュアップするのがとても大事だなーと思っています。

ヒアルロン酸のリフトアップについては、また後日書きたいと思います!


ですが、いきなりヒアルロン酸は怖いアセアセと思われるお気持ちも分かります。

その場合は、『切らないフェイスリフト』と呼ばれるHIFUや、当院の『痛くないリフトアップ』のファームアップも効果的です。

HIFUは今までメニューになかったのですが、12月に導入予定です!またお知らせいたします。