この計算、あなたはいくつになりますか? | 仕事このままで大丈夫かな? オーダーメイドな人生の処方箋 〜やまと式かずたま術〜

仕事このままで大丈夫かな? オーダーメイドな人生の処方箋 〜やまと式かずたま術〜

あなたは、今の仕事を楽しんでいますか?
ただ、なんとなく続けていないでしょうか?
あなたに合った仕事、あなただけの人生の処方箋を受け取ってみると、あなたが知らない本当のあなたに出会えますよ。


テーマ:
ごきげんよう。

秋津 眞未(あきつ まみ)です。

今日はちょっとやってみてもらいことがあるんです。

あなたの生まれた年(西暦)に今年なった(なる)年齢を足してみてください。

さて、いくつになりましたか?

もし、これが、2018になる人はラッキーなんですって。






という投稿をここ数日、いろいろな場所で見かけました。

さて、あなたはどうですか?

2018になるんじゃないでしょうか?



これ、冷静に考えれば、至極当たり前のこと。

自分が生まれた年から数えて、今年は何年目ですか?

自分の年齢の年数だと思います。

ねっ、2018になるのは、当たり前なんです。


ただ、これが、言葉と数字のマジックだなあ、と思ったんです。


生まれた年と年齢を足す、と思うと、みんな違うのでは?と思ってしまいますよね?

周りの人は、年齢がバラバラだし。

生まれた年も別。

だから、みんなが同じになる、なんて、一瞬分からないと思うんです。

そして、

「それが2018になったら、ラッキー」

となると、2018にならない人もいるのかも?と、思ってしまいます。


数字を足していく。

自分の答え(数字)は、1つだから、そうなる/ならないが明確なんです。


だから、それが「ラッキーなこと」だと言われるとうれしい訳です。




で、ここからが私の個人的な意見ですが、それが、ラッキーだと思っている人がいるのであれば、わざわざそれを否定しなくてもいいのかな?と。

だって、

「自分はラッキーなんだ」

って思えていることを否定することになるから。


自分をラッキーな人間だと思うことって、大切なことだと思うんですよね。

冷静に考えて分かっても、喜んでいる人を突き落とすようなことはしなくてもいいんじゃないのかな?と。


まあ、この記事自体が、突き落としてしまっているのかもしれませんね。

ごめんなさい。


では、最後に

あなたの誕生日(年月)すべて1桁にして足してみてください。

例えば、8月17日生まれなら

 8+1+7

という具合に。

その数に、9をかけてください。

上の例で行くと

 8+1+7=16 16×9=144

ですね。

そして、その答えをすべて1桁にして足してください。

 1+4+4

その答えが、「9」になった人は、ラッキーですよ。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

秋津 眞未(あきつ まみ)


【会社名】はれま.
【住 所】神奈川県川崎市麻生区
【電 話】050-5328-9083
【定休日】土日、祝日
【公式HP】http://mami-harema.com

 
 メニュー / お客様の声 / お問い合わせ・ご予約


仕事このままで大丈夫かな? オーダーメイドな人生の処方箋 〜やまと式かずたま術〜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント