自分の感情を味わうことで見つける答え | 仕事このままで大丈夫かな? オーダーメイドな人生の処方箋 〜やまと式かずたま術〜

仕事このままで大丈夫かな? オーダーメイドな人生の処方箋 〜やまと式かずたま術〜

あなたは、今の仕事を楽しんでいますか?
ただ、なんとなく続けていないでしょうか?
あなたに合った仕事、あなただけの人生の処方箋を受け取ってみると、あなたが知らない本当のあなたに出会えますよ。


テーマ:

ごきげんよう。   

 

秋津 眞未(あきつ まみ)です。

 

実は、昨日、身近な人を亡くしました。

昨日、本当はその人に会いに行く予定にしていたんです。

朝から美容院に行って、友人の個展を見て、その後にその人に会いに行く。

そうやって、前日から決めていたのです。

ところが、朝、美容院にいたら、亡くなった、という連絡が入り、急遽、美容院が終わり次第、その人の家へと向かいました。

私を小さいときから可愛がってくれ、初めて新幹線に乗せて名古屋に連れて行ってくれた人。

母の入院中に、水疱瘡になった私の面倒をずっと診てくれた人。

そんな大切な人だったのに、私はその人に「ありがとう」を最期に伝えることができなかった。

いつでも会える、まだ、大丈夫。

心の中で、ずっとそう思っていたんです。



こんなにも大切で、私のことをかわいがってくれた人なのに、昨日、その人を見たときに、涙がまったくでなかったんです。

涙が出ない自分に愕然としました。

自分は無慈悲な人なんじゃないか?

素直に泣ける従妹に嫉妬までしました。



家に帰り、主人に話をしたら

「晩年、いろんなことがあったから、仕方ないよ」

と言ってもらい、少しだけ楽になったんですよね。

私がどうこう、では無かったのですが、確かにその人は、晩年、ちょっとしたトラブルを抱えていました。

もっと人に頼ってしまえば良いのに、と思うことも、「頼ったら負け」と勝手に思って、意地を張っていて。

そんな状態を見ていることが辛かった気持ちを思い出しました。


泣けなかったのは、きっと、悲しいと言う感情よりも「良かった」と、ホッとしたのかもしれません。

その人が、やっと楽なったんじゃないか?と思って。

最愛の伴侶に再会して、優しく手を握り笑顔でいる姿を思い描くことができたから。




でも、残された人には、色々な感情はあります。

見ていて、ちょっと複雑な気持ちになることも。

でもね、それは、もう仕方が無いこと。

きっと、時がその感情を良い想い出へと変えていってくれるんでしょうね。


感情に振り回される、のではなく、感情を味わう。

そして、感情を「なぜだろう?」と見つめてみる。

そんなことを改めて自らやってみることで、見つけた答えでした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

秋津 眞未(あきつ まみ)でした。

 

 

【会社名】はれま.
【住 所】神奈川県川崎市麻生区
【電 話】050-5328-9083
【定休日】土日、祝日
【公式HP】http://mami-harema.com
 

 
 メニュー / お客様の声 / お問い合わせ・ご予約

仕事このままで大丈夫かな? オーダーメイドな人生の処方箋 〜やまと式かずたま術〜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント