家を大切にすることを宿題にしたの | 職場での人間関係をスッキリさせる テレビ電話で鑑定セッション

職場での人間関係をスッキリさせる テレビ電話で鑑定セッション

会社で必ず付いて回る「人間関係」。
上司との関係で悩んでいませんか?
部下の育て方で悩んでいませんか?
そんな人間関係をスッキリさせるテレビ電話で受ける鑑定セッション。
一度受けるだけで上司や部下との関係が分かりやすくなり、スッキリします。


テーマ:

おはようございます。

 

心の保健室

やまと式かずたま術 鑑定士 秋津 眞未です。

 

さて、お誕生日のこと。

今日から書いていきますね。

 

あっ、そうそう。

誕生日って、2つの数が出るんです。

9年に1年は、同じ数の人がいますが、

それ以外の人は、2つの数を持っているんですね。

 

一つは、自分が選んだ宿題。

もう一つは、

「その時代に生まれるから、ついでにこれもよろしく!」

ってご先祖様から託された宿題。

こちらは、契約、って言ったりします。

 

 

 

まずは、家を大切にすること宿題としたことから。

これは、「家督」と言われる宿題を選んだ人です。

 

私、実は家督をご先祖様に託されてきました。

 

で、この家督はどういうことか?

 

大まかにいうと、自分の生まれた家(家系)

を繋いでいく役割があるんですね。

 

だから、子孫繁栄とか、家系を繋げていくための

決断をすることが必要になったり、とかね。

 

 

あと、この宿題とか契約を持っている人は

親から頼られることも多かったりします。

 

それは、無意識に親が家督だって

知っているから、なんですね。

 

私も、家督を持っているので、

親に頼られます。

 

弟は違う宿題と契約を持っているので

私ほどではない。

 

これ、数霊を習うまでは、分からなくて

結構イライラしたんですよね。

 

なんで、私に頼るのだ!とね。

 

でも、数霊を知ったら、スッキリですよ。

本当に。

 

だから、今はそれでいいと思っているし

親と年に1回行く旅行も楽しみなんですよね。

 

 

ちなみに。。。

家系を繋いでいくということは、子どもも、って

本当はなります。

家系の遺伝子を残して行くことが宿題ですからね。

 

でも、私には子どもがいません。

 

 

この場合はどうするのか??

 

自分の家系の遺伝子を持っている子ども

(私の場合は、弟の子ども)を大切に

サポートをしていくことが必要になるんですね。

 

 

子どもができにくい、というのも、

実は数霊で分かります。

 

 

これは、数霊の盤の方で見ていくことになるので

また別の時に書きますね。

 

 

そして、家督を持っているけど、親とは疎遠、

という方もいます。

 

今は疎遠であっても、もともと生まれる時に

自ら選んだ宿題、もしくは、ご先祖様に

託された契約です。

 

だからこそ、ご両親やご家族との関係を

ぜひ、一度見直してみてくださいね。

 

 

さて、よく

「家督って親から離れなれないから嫌」

と言われたりするんですが、

親を大切にしたら、ご褒美がもらえる

ってなったら、どうですか?

 

ちょっと嬉しいでしょ?

 

 

家督を宿題としてきたなら、

ぜひ、自分の家系を大切にしてくださいね。

 

 

って、一体全体、どうやって自分の宿題を

知ったらいいの??って思いますよね?

 

鑑定を受けてください!

 

とは、言いません。

 

 

実は、以前、先生がインタビューを受けた記事を

見つけちゃったんですよね、私。

 

ということで、ここの記事が

とっても参考になります。

 

https://www.sbbit.jp/article/cont1/32324

 

ご興味あれば、ご覧ください。

 

 

 

 

それでは、今日も良い1日を!!

 

 

 

 

メルマガのお知らせ
メルマガを始めました。
こちらから、ご登録をお願いします。

心ふわり通信

 

 
やまと式かずたま術を使ったサービスをご提供しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
 
 
月1回開催のセミナーや、出展するイベントの情報を掲載しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

職場での人間関係をスッキリさせる 鑑定セッション 秋津 眞未さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント