ちょっと一息。

自家焙煎珈琲豆工房
「豆匠~まめのたくみ~」店長の
ほんとになんでもない一日や
思い立ったことをただただ書き連ねます。


テーマ:

さて、

続きましてご新規のお客様

 

市営地下鉄上沢駅「晴耕雨読」さん

神戸市兵庫区上沢通8-1-16 サンハウス神戸103

078-577-9008

 

看板の「晴」の字にワンポイントあります音譜

 

 


 

「匠茶小屋 凛」ができる以前からのお客様が
この度お店を開店 祝日 されるにあたり

コーヒー豆のお声がけをいただき口笛クラッカー

 

 

 

 

場所は

上沢駅東口(上沢7丁目の交差点ですね)を出て
ほんとに歩いて1分かからないくらいの好立地。

 

 


そして

店名から想像される通り
実直な店主さんが運営される
白、黒を基調とした落ち着いた雰囲気のお店でして
さわやかな印象のグリーンも

たっぷり配置されていますおねがい




 

 

 

 

 


さてさて、

メニューのご紹介なんですが

 

 




ランチこれでなんと680円酔っ払い

 

 

 

もうね、
お昼時にお店の近くにおられたら、
ほんまにご来店いただきたいラブラブ

 

 


さすがに
この日は、朝から何も食べておらず
ご飯は盛りを多くしていただきましたが、

 

この味、そしてこの価格とこのボリュームポーン

お腹パンッパンになりました爆  笑

もちろん、コーヒーもお代金に含まれてますコーヒー

 

 

 


そして、こちらのお店

おかずの美味しさはもちろんなのですが、

「ごはん」

も劇的に美味しい。

 

これ。

 

「やっぱり日本人は米やろ。ご飯やろ。」

 

と、独り言が出るくらい笑い泣き

 

じっくり幸せを噛み締めながら、
この日の一食をいただいた次第ですおにぎりおにぎりおにぎり

 

 

 

 


別日には

から揚げ、エビフライ、トンカツという
ランチ3種の神器みたいなセットでお伺いしましたラブ

 

 

和田を知る人は

和田にとんかつさえ食わせておけば問題を起こさない

と言われるくらい

僕はとんかつが好きでして、
そしてこの薄衣をまとった

分厚い肉がたまらんのですナイフとフォーク

 

 

夜メニューも

いろいろ替りながらピザ鍋たこ焼きパスタ


平日は21時までの営業です生ビール日本酒カクテルシャンパン

 

 

 

また、

 

今回ランチにお伺いしましたので

写真は撮れていないのですが
モーニングのメニューも大変充実です食パン

 

 

 

 

最後にコーヒーですが、

グァテマラで

淡い輪郭をつけたブラジルのブレンドでしてコーヒー

苦味の豆はほとんど入れておらず
サラッとお飲みいただける風味かとニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

市営地下鉄上沢駅「晴耕雨読

神戸市兵庫区上沢通8-1-16 サンハウス神戸103

078-577-9008

営業時間 平日9:00~21:00 土日祝8:00~17:00

ランチ営業11:00~16:00

水曜定休

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

ところで、この晴耕雨読という言葉
改めて考えさせていただくところもありまして
少し調べてみると

 


本来の意味である
「心穏やかに日々を過ごす」
「悠々自適として自然のままに生きる」
というものとは別に


「晴れた日には農耕作業で身心を鍛え
雨の日には知識の拡充を図り
次のステップへ進むための準備を怠らない」
という、より前衛的にアグレッシブな解釈もあり
なるほど、店主和上氏の内なる想いを
そのまま表現された店名なのかもしれません

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。