登場人物と主人公 | 西東京市★小学生・中学生の学習塾(補習・受験)まめの木塾

西東京市★小学生・中学生の学習塾(補習・受験)まめの木塾

田無(西東京市)の『まめの木塾』です。わからないところをできるだけ短時間で解決し、楽しみながら自分ですすんで勉強する習慣をつけます。小学生は読解力向上を意識した国語、理解して解く算数。中学生は英語・数学。そして学習習慣を指導します。


テーマ:
物語文の読解では、まず
「誰が出てきたのか」を確認します。
登場人物です。

登場人物は「人物」ですから、たいていは「人」ですが、猫や犬、ピーターラビットのような動物や、みなしごハッチのような昆虫。鬼やユニコーンのような想像上の生き物、ドラえもんなどのロボットも登場人物になることがあります。

登場人物がさがせたら、次は主人公をさがします。
あくまで、読んでいる文章に書かれている範囲での主人公をさがします。

これが意外と楽しいのです。

「アリババと盗賊」の一部を抜粋したお話では、
「題名に「アリババ」と、書いてあるから、主人公はアリババです」という子もいれば、
「アリババはほとんど出てこなくて、お兄さんのカシムが困っている話だから、主人公はカシムです」
という子もいます。

なぜそう思ったのか。
どの文を根拠にそう考えたのか。

聞いているうちに、どんどん答えも変わっていったりします。

「文章読まずに、設問だけ読んで答える」では、読解力はつきません。
文章を丁寧に読むから読解力がつくのです。

そうやって、文章を丁寧に読み解いていくと、そのあとの設問はすらすら解けてしまうのです。



体験授業・お問い合わせください。
【東京都西東京市:まめの木塾】

小学生・中学生のレギュラークラス まずは体験授業を。



にほんブログ村

役に立ったらポチッと
人気ブログランキングへ
 

小学生・中学生の学習塾★まめの木塾さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス