【ボイトレ4コママンガ】運転士さんの独特な声の秘密 | まめたにあずさの音楽ブログ~鹿児島市のボイストレーナー~

まめたにあずさの音楽ブログ~鹿児島市のボイストレーナー~

鹿児島市の地域密着型ボイストレーニング講師 まめたにあずさがお送りするボイトレBlog
☆ただいま鹿児島市内音楽スタジオにて体験レッスン実施中!
歌がうまくなった~って言わせたいっっっ(´ε` )!!
お気軽にお越しくださいませ♡


テーマ:


運転士さんの声はみんな似ている!
という前回のお話♪


まず注目したのは、喉仏の位置。
実は喉仏は上下します。

●上がる時→唾をゴクンと飲み込んだ時
●下がる時→あくびをした時

といった具合に、何気ない日常の中でもかなり頻繁に動かしているパーツとなります。

ちなみに喉仏が上がった状態で声を出すと、声質はキンキンした明るめのサウンドになります。





もう1つ注目した場所は鼻の空間。
鼻腔(びくう)と呼びます。鼻腔に音が通ることでブライトな音色になります。

口と鼻の間にはシャッターの役割をする軟口蓋(なんこうがい)という場所があります。この軟口蓋の動きによって鼻腔に音が流れるか、口で音が響くかが決まります。


喉仏の位置上がりぎみ傾向
+
鼻腔に音が漏れている状態


だとあの独特なクネクネボイスに近づくのかなと予想びっくりびっくり

ただ人によって声の出し方は同じではないです。
だからあくまでも私の推測ですキョロキョロキョロキョロキョロキョロ


声の出し方にクセがある人は意外にも多いです。
例えば鼻腔に音が漏れる傾向がある人(イメージはちょっと鼻にかかったような声の人)は、低音の深いどっしりした声が出しにくかったり。本来であれば低音の深い声も高く滑らかな声も色んな声が出せるはずなのに、声クセによって封印されてしまうんです。

すごく勿体無いえーんえーんえーん!!


日頃から満遍なく色んな声を出す意識を持つ+実践することが大事です🌱🌱🌱













まめたに あずささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ