工夫が大事? | まめたにあずさの音楽ブログ~鹿児島市のボイストレーナー~

まめたにあずさの音楽ブログ~鹿児島市のボイストレーナー~

鹿児島市の地域密着型ボイストレーニング講師 まめたにあずさがお送りするボイトレBlog
☆ただいま鹿児島市内音楽スタジオにて体験レッスン実施中!
歌がうまくなった~って言わせたいっっっ(´ε` )!!
お気軽にお越しくださいませ♡


テーマ:
白状します。

ここ1ヵ月、あるボイトレ本を読みました。
しかし難解さにうちのめされ、数ページ読んではパタリと本を閉じる→開く→また閉じる。
これを6回ほど繰り返しました。

全く進んでおりません。

もうだめ。なにも頭に入らない。。
難しい!苦痛!!

・・・お手上げ状態です。
我ながら読解力の無さに泣けてきます。

6回目で諦めました。
もう見ることはない、さようなら。
と本棚にしまい。

ですが、本棚に飾られている本を見て気づいたのです。

(いやまて。頭に入らないのは自分にとって分かりやすい解釈をしていないからではないか。
それは本のせいではなく、全ては自分の否ではないか)


覚えなきゃ。勉強しなきゃ。
と、ただ突っ走ってただけというのもあります。
本を読むことをただの作業として捉えてしまった。
自分の言葉で理解して落とし込む、とっても大切なことを忘れておりました。

本を読むことも工夫が大事だな、と気づきました。いかに自分が楽しみながら読めるか。
でも本を読むこと以外でも、自分のストレス指数を気にしながら、どうしたら自分が楽しく学べるか?

どんなことにも共通してますよね。

ボイトレだって、難しい事をいかに楽しく!
に変えられたら、もっと楽しめるし身近なものとして親しみを感じる。
じゃあ、変換するためにどんな事をすべきか。

そこが一番難しいんだろうな。
楽しむ!に変えられるのは他の誰でもない自分次第。


という訳で、また本を開きました。
なんか数ミリ、読むのが楽しくなってきたので、もうちょっと読んでみるYO!

(あと一回苦痛を感じたら、また本棚に飾るYO!)




まめたに あずささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス