おはようございます。

ブログご訪問、ありがとうございます(*´▽`*)

常連様も初めての方も通りすがりの方も、ようこそいらっしゃいませ!

 

 

 

今日は七五三ですね。

なので、諸事情で封印してたけど、この日になるとどうしても思い出すわが家の七五三の思い出を。

 

私の実家の方では七五三の風習がなかったので、何となく一生無縁だと思ってたのですが。

茨城に嫁ぎ娘が生まれてしばらく経ったある日の夕方、姉から電話がかかってきました。

 

 

姉の言葉どおり、茨城の一部では七五三にめっちゃ気合い入れます。

・披露宴会場で会食

・招待客は親戚など2桁、100人越えするご家庭も

・費用も6桁。7桁のご家庭もあるとか

 

幸い、夫の実家は控えめでした。私たち夫婦と夫の両親とで話し合った結果、

・ちょっといいお店の個室で

・招待客は、夫の両親・弟妹とその家族、私の両親のみ

・お祝いは1万円で

ということに。

そして夫の妹(以下、義妹)一家でも七五三をするそうなので、合同で行うことになりました。

 

ここから姉の言葉が予言となり、苦行が始まったのです…。

 

 

【苦行①】

各家庭の都合がつかず、合同は見送りに→予定を何度か組み立て直し。

 

【苦行②】

夫の妹が超理論を展開。

私以外は全員ナチュラルに受け入れてました…私がおかしいのか?

 

 

【苦行③】

何とか日程と会場が決まり、夫と私がそれぞれの実家へ連絡&調整…

…してなかった。夫が。全然。

 

しかも、夫の実家から私の実家へ干し芋が届き、そのお礼を言うために母が夫実家へ電話して

母「△日の七五三、楽しみですねえ(*´▽`*)」

義母「…え?□日じゃありませんでしたっけ?」

という、実に最悪な流れで夫実家にバレた。

 

 

【苦行④】

夫実家から呼び出し、激怒。

「娘の晴れの席だから」「私の両親も遠路はるばる来てくれるし」と思いとにかく平謝りして何とか収束。

 

 

【苦行⑤】

会食の席で両実家に贈る娘の写真(前撮り&注文済み)が、写真館のミスで現像すらできてないことが

納品日に判明。

 

無言無表情でしばらく見つめたら、お詫びの品を出してきて

 

 

…もう一人の社員さんが真摯に謝罪して下さったし、時間もなかったので受け取って場を収めました。

 

そして七五三当日。

 

 

【苦行⑤】

会場に到着してすぐに娘がトイレに行きたがったので連れていき、個室へ戻ったら

義妹が席次を自由に変更してた。

上座は主役である娘と、あと両家両親のみだったはず…私らが決めた席次が間違ってたのか…?

 

 

【苦行⑥】

両親を駅まで送る際、

車内で両親にものすごく気を遣わせてしまった。

母なんて保守的な方で、今までは「あちらの実家に従って」っていつも言ってたのに。

 

幸いなことに、主役である娘本人は「すっごく楽しかったー(*´▽`*)」と心から言ってくれました。

それだけでもよかったよ、ホント…うん…。

 

 

だけど、当時の私に言ってやりたい。

 

 

 

 

 

 

あと、「もう二度と七五三やりたくない…」とこぼしたら

と返してきた夫にも。

 

 

 

 

 

 

なお、帰宅した両親から話を聞いた姉は「あの時余計なこと言ってごめん」と謝ってくれた後、私の分まで怒ってくれました。

 

 

私は知っている。姉は私よりはるかに容赦ないことを。あとごめん、交通費もったいない…宅配便でいい?

 

 

 

っても言ってくれたっけ。

なので、

 

 

なお、頭突きは出力53%くらいでお願いします。怪我をさせずに、なおかつ私の気も済む程良い穏便さ。

 

 

どうか皆様は平和で素敵な七五三を過ごされますように!!! (。-人-。)

 

 

 

【おしらせ】

午後3:30にミニ記事をアップ予定です^^

 

 

 

いいね!&コメント&読者登録&リブログ&メッセージ、ありがとうございます!嬉しいです!
いつでも大!歓!迎!!でございますちゅーラブラブもちろん過去の記事へも^^

どくしゃになってね…

 

 

ツイッターもやっております → @itohmiho  こちらもフォロー大歓迎です^^!!

 

 

 

 

…えー…その…さらにさらによろしかったら、ついでにこちらも…(´▽`;)

にほんブログ村 漫画ブログへ