阪急電鉄の広告炎上に学ぶ「誤解されない文章の書き方」 | コピーライターが秘密にしたい「売れる方法」

阪急電鉄の広告炎上に学ぶ「誤解されない文章の書き方」

あれよあれよという間に、Twitterで燃えていました。

阪急電鉄の中吊り広告。

 

(以下、朝日新聞デジタルの記事より抜粋)

 

阪急阪神ホールディングス(HD)は10日、

阪急電鉄の中づり広告が、インターネット上で

庶民感覚とずれているなどと批判されたため、

撤去することを決めた。

同社広報は「公共交通機関の広告として内容が不適切だった。

今後は適切かどうかのチェックを強化する」と説明した。

 広告は、働く人を勇気づける言葉の企画として6月から始まり、

阪急神戸線、宝塚線、京都線の一部の電車に掲示していた。

 

(抜粋以上)

 

批判の対象になっていたキャッチコピーのひとつが、

 

「毎月50万円もらって

毎日生き甲斐のない生活を送るか、

30万円だけど仕事に行くのが

楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。」

というもの。

 

その他にも、80パターンのキャッチコピーが、

電車の中吊りをはじめ、ドア横などにも

ポスターとして掲示されていたようです。

 

「様々な業界で働く人の声を掲載」という企画で、

問題のコピーには、

(研究機関 研究者/80代)という表記がされています。

 

ネット上での主な批判は、

「現実知らない」「時代錯誤」

「ブラック企業を肯定するのか!」って感じですね。

 

 

炎上が怖くて発信できない!?

 

このような炎上の事例を見ると、

「自分も発信するのが怖い」と感じる方もいれば、

「まぁ、そこまで有名企業じゃないし大丈夫だろう」

と感じる方もおられると思います。

 

 

私の講座に来られる方の中には、

「過去、ブログやSNSでの発信が、

思いがけず炎上したことがある。

だから発信が怖い」という方が、わりとおられます。

 

個人が炎上する、というのも、珍しくもなんともないことなのです。

 

今日の事例を参考に、

炎上しないための方法を考えたいと思います。

 

 

 

阪急電車の広告炎上から学ぶこと

 

1.言葉はUPした瞬間から、受け手のものになる(書き手の意図は関係ない)

 

これは、文章をどこかにアップしている人は、

いつも心に留めておきたいことです。

「そんなつもりで書いたんじゃない」は通用しない。

言葉や文章は、受け手がどう受け取ったかがすべてです。

 

そんなつもりで書いたんじゃなくても、誤解されたり、

そんなつもりでなくても、「上から目線な人だな」と感じられたり

するのです。

 

 

2.今を生きている人たちが何を考えているかをとらえる力、超重要。

 

今回の件で、

ネット上で多く見られた批判的意見は、

手取り30万で楽しい仕事とか最高じゃない?

今、若者がやってるのは手取り15万でストレスしかない仕事なのに

「月収の基準がズレてる」

というもの。

 

つまり、今の時代の現実を見ろよ、という批判。

 

自分の価値観だけで物事を考えてしまうことや、

自分が普段生活している圏内だけで、

ものごとをとらえてしまうのは、とても怖いことです。

 

 

世の中の、今の時代を生きている人たちが、

何を考え、どんなことに悩み、

何を欲しているのか。

 

自分と違う業界の人、

自分と違う年齢の人、

そこまで想像できるか否かは、

とても大事なポイントだと思いました。

 

 

3.言葉は「誰が言ったか」が大事。

 

これも大事なポイントだなと思います。

80代の研究職の人が言った言葉、というだけなら、

「そういう人もいるんだな」

「そんな時代もあったもんなぁ」で済むでしょう。

 

それを、企業が、「働く人へのエール」として

広告にしてしまったから、問題になった。

 

私たちも、自分の意見を書くときは、

「あくまでも自分の意見として」書くこと。

 

自分の意見を、さも世の中の常識のように書いてしまったら、

反発を食らう可能性があります。

 

 

炎上は「書き方」を知ることで防げる

 

以上の3つのポイントを意識するだけで、

炎上に対するリスクは減らせると思います。

 

★「そんなつもりで書いたんじゃない」は通用しない、

文章は受け手のものであると理解すること。

 

★自分のまわりの狭い世界だけを見ず、

今の世の中の気分をしっかり把握すること。

 

★そして、「自分の意見」は、

あくまでも「自分の意見」として書くこと。

 

 

私の講座では、

「ファンが増える文章の書き方」の回で、

「共感される文章の5つのセオリー」という

ルールをお伝えしています。

 

そのセオリーを知れば、

不要な炎上を防ぐことができるというものです。

 

上記の3つも、さらに詳しく解説し、

自分のものとして使えるようになります。

 

 

 

「誤解されずに、自分の想いを伝えたい」

「今の書き方で大丈夫かな?」

と思った方には、

ぜひ身につけてもらいたいスキルです。

 

 

以下のセミナーでもお話しています。

 

【東京・大阪/2時間】自分を売り出す言葉のチカラ 1day体験セミナー


2時間の単発セミナーです。単発のセミナーですが、その後もグループでフォローします。

セミナー後、30分ほど時間を取っていますので、

個人的な相談もOKです。

 

 

【東京】※東京駅すぐ

2019/7/ 3(水) 13:30 ~ 15:30

2019/8/ 2(金) 13:30 ~ 15:30

2019/9/ 3(火) 13:30 ~ 15:30

2019/10/ 2(水) 13:30 ~ 15:30

2019/11/ 7(木) 13:30 ~ 15:30

2020/2/ 3(月) 13:30 ~ 15:30

 

 

【大阪】※新大阪駅すぐ

2019/6/14(金) 13:30 ~ 15:30

2019/7/ 8(月) 13:30 ~ 15:30

2019/8/ 5(月) 13:30 ~ 15:30

2019/9/11(水) 13:30 ~ 15:30

2019/10/ 7(月) 13:30 ~ 15:30

2019/11/12(火) 13:30 ~ 15:30

2020/2/10(月) 13:30 ~ 15:30

2020/3/ 6(金) 13:30 ~ 15:30

 

詳細はこちらです

http://sawaragi2.wixsite.com/1day

 

全ての回が同じ内容です。

ご都合の合う日にぜひお越しください。

 

 

 

【東京・大阪】自分を売り出す文章構築アカデミー

お試しではなく、

はじめからガッツリ講座を受けたい!

早く成果を出したい!

講師にじっくり見てほしい!

という方はこちらへどうぞ。

 

 

「広告から新規の問い合わせが急増した」

「ホームページからのご新規の来店が増えた」

「自己紹介をするだけで、その場で申し込みをされるようになった」

「はじめから高額商品を買うつもりで、参加されるお客様が増えた」

 

など、うれしい報告が相次いでいます。

 

【自分を売り出す文章構築アカデミー】は、半年間の講座ですが、

何月からでも、スタートできる! のが特徴です。

 

1回ごとの受講も可能です。

2日とも受講できる方は、

月会員になると、1回の受講料で、2回とも受けられるので超オトクです。

 

 

月々の月会員になれば、

自分を売り出す文章がパーフェクトに完成するまで

じっくりガッツリと学べます。

 

 

詳細はこちらです

【自分を売り出す文章アカデミー】

https://sawaragi2.wixsite.com/academy

 

これってどういうこと?

こういう受け方もアリ?

などご質問があれば、

お気軽にこのメールにお問合せ下さい。

 

 

東京、大阪の会場には、

関東や関西以外からも、泊りで来られる方も増えています。

そのために、連続する日程にしていますので、

遠方の方も、絶対損しない内容だと自信がありますので、

ぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【すでに300名が登録! 7日間の無料メールレッスン】

 

【これ、全部誤解です】
 
セミナーや講座に来てくださる方が、
99%の確率で、誤解していること。
 

□ ターゲットをしぼれ 

□ 文章はまとめなきゃいけない

□ ウリを書けば売れる

□ 同業者と差別化しなきゃいけない

□ 自分だけの肩書きを作れ

□ 過去のストーリーで共感させよう

​□ 言い切るから自信が伝わる


違うねん、そうじゃないねん。
そこがズレてるから、うまくいかないねん。
 
それ、そういう意味じゃないねんでーッ
 
と思うポイントを、
「7つの誤解」としてまとめました。
 
ひとつひとつ誤解を解いていくと、
7日間で、
「どんどん売れる人になる文章力」の基礎が身に付きます。
 
ココを押さえておかないと、
どんなに頑張ってもズレちゃう。
 
\7つの誤解を解いて、
一生ものの「売れる文章力」を手に入れよう/

【どんどん売れる人になる文章革命7Step】
無料メール講座です
 

http://sawaragi2.wixsite.com/7step