男の子に伝える注意のコツ ~ママナースの仕事術~ | 看護師ママを応援♡心理美容カウンセラー® ささい あやこ

看護師ママを応援♡心理美容カウンセラー® ささい あやこ

子育て中の看護師さんをサポートしています!

心教養学講師×助産師

心を育てる
助産師 ささい あやこ です。


初めましての方は⇛
こちら

 

働くママのメンタルトレーニング

~3カ月心理美容カウンセラー®養成講座~

2021年7月生募集開始ですラブラブ

 


今日は
よく質問にいただく

 

「どうやって子育てしているんですか?」について音譜

 



我が家は男の子が二人の兄弟なのですが

 

他のお母さんから見ると

「自立感が半端ない・・・」と見えるそうです

 

 

 

それもそのはず(笑)

私はなんせ 「仕事」 がしたい

「自分の好きなこと」がしたい

 

 

 

でも

子育てを疎かにする とか

子供をほったらかしにする とかではなく

 

 

子供も自分も

「自分の好きなことをしたらいいやん」というスタンス



今日は、そんな「自立する子育て」の一つをご紹介♡

 

 

我が家の坊ちゃんズ

小さいころから

大きくなった今も

 

なかなか やり手の やんちゃ二人組です

 

 

 


二人でいると 小競り合いもしょっちゅう・・・

どちらが やった やられた という 押し付け合いも日々繰り返されています(笑)

 

 

 

そんな二人に

昔の私は ガミガミとよく怒っていました

 

毎日毎日 同じことを言っていましたし

毎日毎日 同じようなことで怒っていました

 

 

今思えば

こんなに毎日同じことを言ってるのに 

どうして「できるようにならないんだろう」と
 

「できないこと」や

「いうことを聞かないこと」を

 

子供たちのせい にしていたのです

 

でもね本当のところは

「子供たちのせい」ではなく

私が

「分かるように伝えていなかった」だけだったのです

 


 

 

女性と男性では脳の構造上  コミュニケーションの取り方が違います

 

 

女性は感情で理解し

男性は理論で理解する

という感じです

 

*一例なので、これだけではありませんが

 


訪問などで多くのパパさんの話を聞く中で

 

旦那さんと話していると

「だからどうなの」と言われたり

やってほしくて伝えたこと=「頼んだこと」と 実際にしてくれていること=「やってもらえたこと」が違う

という経験を良く聞きます

 

これは旦那さんに

「その話を理解する力がなかった」とか
「頼んだことをしてくれる能力がなかった」 

ということではなく

 

「伝わる伝え方ではなかった」ということなのです・・・

 

 

これを「男の子の子育て」に当てはめてみると



1伝える時は 説明書のように

 

 

例えば

駐車場で走った時

「走ってはダメ!!」

「ここは、駐車場だから車が沢山走っているよね。車に当たると○○君はどうなる?(子供に応えてもらう) そう、ケガをしてすごく痛い想いをするし、ケガをするとママもすごく心配だし哀しくなる。

車にあたってケガをしないように、駐車場ではママと手をつないで、歩いていこうね。」

 

という感じで、

それをしてはいけない(もしくは しなければならない)のはなぜか
すると (しないと)どうなるのか

それによって 何が起こるのか

 

ということを 理論的に説明すること

 

 

 

 

2叱るときは理論的に!

 

叱るときも、「どうしてそうなったの!!」と感情的に叱っても

男の子はどうして怒られているのは分かっていなかったりする・・・・ので

・何に対して叱っているのかを説明すること

そして

・それをしてはいけない(しなくてはならない)のはなぜかを本人に口にさせること


叱る というより

 

どうしてそれをしてはいけない(しなくてはいけない)のかを説明させる

のです

 



 

一例と最初に書いているように

もちろん、コミュニケーションはこれだけではありません!!
 

 

 

どれだけ「男の子の育て方」の本を読んでも

 

上手くいかないのは

 

自分自身の子供を受け入れる柔軟性や 

自分のコミュニケ-ション癖を知らないから

ということがあります

 

 

 


この「自分を知る!!」

ことが出来るのが

日本心理美容カウンセリングアカデミー

 

そこで心を学び教養力を身に付けた

ママさんたちは 「コミュニケーションが取れる心」を身に着けるので

 

 

「子供が言うことを聞くようになった」

「旦那さんとの会話がすごくスムーズになり、家事が楽になった」

といわれることが良くあります

 

 

 

「教養力」は 

コミュニケーションを理論的に学ぶためのものではなく

 

その人にあったコミュニケーションが取れる能力を高める 

ことなので

 

女性 男性問わず コミュニケーションが自然に円滑になっていくのです

 




・自立した女性になりたい
・働くママとして子供に背中を魅せれる母になりたい

・コミュニケーション力を高めたい

・仕事と子育てを自分らしく両立したい

・自分の好きなことを仕事にしたい


アカデミーはそんなママから

選ばれています♡

 

 

 

 

 

 

 

今日はこんな目線からヒマワリ

 

 

 

 

自分の人生を

「自分が想うように生きれる」

自立した女性になっちゃいましょう♡

 

 


むらさき音符「心」を理論的に学ぶ 1dayレッスン 美力学®入門編

 

むらさき音符働くママののメンタルトレーニング 3カ月講座

 

 

 

 

 

 

心教養学講師×助産師

ささいあやこ

 

公式HPは→こちら
Instagramは→こちら

 


「心理美容カウンセラー®」「美力学®」「心理美容セラピスト®」は商標登録済みです
心理美容カウンセラー®は日本心理美容カウンセリングアカデミーのみで発行してる資格です。

他の団体とは、関係ありませんので、お気をつけください。
日本心理美容カウンセリングアカデミー公式HP