鶏肉のふりそで

テーマ:
みなさん、おはようございます。
今日はわたしメロパパがお肉コーナーから新商品のご案内をさせて戴きます。

鶏肉と言うと、一番人気の高い部位は「モモ肉」で、リーズナブルで低カロリーな部位が「ムネ肉」、私が個人的に一番好きな部位は「ささみ」で、お肉の味が美味しいと言われる骨付きの「手羽元」や「手羽先」ですが、今日ご紹介するのは、

『国内産若鶏の肩肉』です。
「肩肉」とはあまり聞きなれない言葉ですが、この部位はムネと手羽の間にあるお肉のことを言います。1羽からたった30g程度しか取れない希少な部位なんです。この「肩肉」は、焼鳥屋さんでは「ふりそで」と呼ばれているそうですが、その他にも「ムネトロ」とも呼ばれています。

「トロ」という名前が付くということもあって業界では鶏肉の中でもっとも味があり美味しい部位とも言われています。肩肉はよく動かしている部分だからあっさりしているけど弾力性があるんですね。また、低カロリーなのでささみと並んでダイエットにも良いそうですよ~。

今の時期ならお鍋やすき焼き、煮物にも良いですが、もちろん唐揚げや炒め物にも最適です。でもわたしはお肉本来のうまみを味わって戴きたいので、あっさりと塩コショウだけでさっと焼いてお召し上がりください。

また、ママーストアーでは肩肉だけでも販売しますが、味付け商品も合わせて販売しますのでお急ぎの時は是非こちらもご利用くださいませ。

最後にちょっとお詫びを・・・。今日ご紹介した国内産鶏肉の肩肉ですが、明後日の2月8日(月)から各店で販売させて戴きます。今日明日の週末はまだお店に並んでいませんので、ご了承くださいませ。

本日も皆さんのご来店をお待ちしてま~す。