旅行1日目

テーマ:

書道の先生が、故郷の八戸で恩師と書道展を開くということで、
今回、生徒さん数名で観に行くことになりました。
私は、土曜日が娘の文化祭ということもあり、
はじめは渋っていたのですが、旦那様が

こんな機会でもないと行くことないでしょ…
文化祭は、俺が観に行ってあげるから、行ってきなよ

と言ってくれたので、甘えることにしました。

朝は子供を起こし、長男のお弁当と
子供たちの朝食の準備、夜用のカレーを作り、
早めに旦那様と家を出て、駅近くで朝マック。
その後、他の生徒さんたちと駅で合流し東京駅まで。
朝9時近くの東京発の新幹線で八戸まで行きました。

駅に着いてからはタクシーで、まずはランチの場所まで。
そこでもう1人の方と合流し、ランチ。
私は、青森シャモロックを使った陶板焼定食を食べました。
たれをつけたり、塩やゆず胡椒をつけて食べたり。
食後には、プリンとコーヒーもついて、お腹いっぱい。

 



その後宿泊先のホテルに行き、荷物だけ置いて、
先生たちのいる会場へ向かいました。
作品は、先生お二人で50点ほど。
作品はどれも素晴らしく。
数点ずつ写真に収めてきました。
あとで見返して、席書大会の参考にできたら…

 


作品を観たり、先生と会話したり、写真を撮ったりしてから、
八戸酒造を見学。
30分と短かったですが、普段見れない場所なのでワクワクしました。
ただ、スリッパでの階段の上り下りは大変…
最後に少し試飲もさせてもらいました。
少し辛口だけれど、フルーティーで飲みやすい。
私はあまり日本酒を飲まないので、

ちょっといい感じに酔いそうになりましたけれど(笑)

見学後は酒造屋さんの事務所でお買い上げ。
小さめの瓶2本を注文し、宅配にしてもらうことに。

終わってからは展覧会会場へ戻り、
上階の先織体験をさせてもらう場所へ。
体験時間は過ぎてしまいましたが、

ご厚意で私も20分ほど触らせてもらいました。
5センチほどしか織れませんでしたが、貴重な体験をさせてもらいました。
楽しかったー。
機械が近くにあったら、やりたいなー。

 

上部の水色部分が、私が織ったものです

そして、先生と待ち合わせてみんなで夕食を共にすることになりました。
郷土料理で、いちご煮や鯖ずしなど。
食用菊も有名なのかしら…
またもやお腹いっぱい食べてしまいました。

 



ホテルに戻り、その日は就寝。
部屋が暑いこともあったのか(空調調節がうまくいかず)
翌朝のこともあったからなのか、その日はあまり眠れず
2日目に突入です。


 

AD